森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

京都帝釈天

京都帝釈天
京都帝釈天 =1200年の歴史と霊験=
京都帝釋天は、山号を紫雲山と称し平安建都の少し前、宝亀11年(780)に和気清麿公によって 開創されました。以来1,200年間、京都仙洞御所や歴代園部藩主等、多くの人々に「願いごとの叶う神」としてあがめられてきました。
=108基の『願いの鐘』=
春は花、秋は紅葉の参道700メートルは、さわやかな山の気につつまれ「願いの鐘」108基が 念珠のように連なります。その一つ一つに願いを込めて打ち鳴らす時、”あなたの願い” が鐘の響きと共に山の峰々を越えて帝釋天のもとまで届くことでしょう。 寅さんの「願いの鐘」も上納されています。
寅さん 寅さんの願いの鐘
 
京都帝釈天 ≪主な祭日≫

・初 詣  1月1・2・3日 
◆帝釋天と四天王のパワーで厄を吹き飛ばす「厄除け祈祷」
厄除けの鐘、厄難飛ばし鶴

◆願いごと成就大祈祷、お神酒・叶う湯無料接待
 ・初庚申(毎年暦最初のかのえさるの日)

◆願いごと成就大祈祷
 ・大祭 春-5月第2日曜 秋-11月第2日曜
 ・終い庚申(毎年暦最後のかのえさるの日)

◆願いごと成就大祈祷、お神酒接待
 ・除夜の鐘 12月31日夜11時より
◆参道につづくお灯明の中で自分で打てる除夜の鐘108基と
  大梵鐘‘よろこびの鐘’幻想の世界です 
◆心身を清め健康を呼ぶという「火の輪くぐり」 
◆ご神酒・名物年越し黄金そば(金運)・
  帝釋ようかん(健康招福)

◆除夜の灯明と元旦祈祷

◆庚申年祭(毎年暦かのえさるの日:年6回)
 
■問合せ先
京都帝釋天
京都府南丹市八木町船枝
TEL:0771-42-3315(寺務所/福寿寺)
 
 
 

お問い合わせ
商工観光課
TEL:0771-68-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ