森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

外国人関係

 
 平成24年7月9日からこれまでの外国人登録法が廃止され、新しい在留管理制度が始まりました。

 これまでの外国人登録証に変わり、中長期在留者の方には在留カードが、特別永住者の方には特別永住者証明書が交付されます。在留カードについては、申請・受領共に法務省地方入国管理局になります。特別永住者証明書については、申請・受領共に市区町村窓口となります。
 なお、現在、お持ちいただいている外国人登録証については、一定期間、在留カードまたは特別永住者証明書とみなされます。外国人登録証明書上の「次回確認申請期間」の記載にかかわらず、以下のみなされる期間が、在留カードまたは特別永住者証明書としての有効期間となります。

 
 【在留カードとみなされる期間】


・永住者

(16歳以上)・・・2015年(平成27年)7月8日まで
(16歳未満)・・・2015年(平成27年)7月8日または16歳の誕生日のいずれか早い日まで

・特定活動
(16歳以上)・・・在留期間の満了日または2015年(平成27年)7月8日のいずれか早い日まで
(16歳未満)・・・在留期間の満了日、2015年(平成27年)7月8日または16歳の誕生日のいずれか早い日まで

・それ以外の在留資格
(16歳以上)・・・在留期間の満了日
(16歳未満)・・・在留期間の満了日または16歳以上の誕生日のいずれか早い日まで 
 
 【特別永住者証明書とみなされる期間】


(16歳未満)・・・16歳の誕生日まで
(16歳以上/次回確認(切替)申請期間が2012年7月9日から3年以内に到来)
・・・2015年(平成27年)7月8日まで
(16歳以上/上記以外)・・・次回確認(切替)申請期間の始期とされた誕生日まで


 また、住民基本台帳法の一部を改正する法律により、外国人住民にも住民票が作成されることとなりました。
 

 【住民票が作成される外国人の方】


・中長期在留者(在留カード交付対象者)・・・3カ月以下の在留期間が決定された者や短期滞在・外交・公用の在留資格が決定された者等以外の外国人。


・特別永住者(特別永住者証明書交付対象者)・・・入管特例法により定められている特別永住者。


・一時庇護許可者または仮滞在許可者・・・入管法の規定で一時保護のための上陸の許可を受けた外国人や、難民認定申請を行い、仮にわが国に滞在することを許可された外国人。


・出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者・・・外国人となった事由が出生や日本国籍喪失である方(その事由が生じた日から60日までの間は在留資格を有することなく在留することができます。)


※上記対象者となる外国人の方で、あなたの住民票に記載される内容の通知を受けていない方等は、お住まいの市区町村に住民票作成のための届出が必要です。
 通知を受けた方でも、その後に引越しをされた方や、世帯変更等をされた方で、外国人登録の変更登録申請がお済みでない方についても、現在お住まいの市区町村へ届出をしなければなりませんので、ご注意ください。
 届出には、在留カードまたは特別永住者証明書(それぞれみなされる場合を含む。)が必要です。
 まだ通知が届いていない方等は、速やかに、お住まいの市区町村へお問い合わせください。


 新しい在留管理制度について詳しくは、法務省入国管理局のHPを、改正住民基本台帳法については、総務省のHPをご覧ください。
  
 【法務省入国管理局】
 
  http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1
 
 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_2


 【総務省】
 
  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/zairyu.html
 
 
 【市区町村窓口での共通の手続き】


 住居地届出
 
 入国されたとき(転入)・・・在留カードまたは特別永住者証明書を持参のうえ、南丹市に住み始めた日から14日以内に転入届出が必要です。(中長期在留者の方で、地方入管官署で在留カードの交付を受けられていない方については、旅券を持参ください。)また、新住居地の世帯主が外国人の場合は世帯主との関係がわかる公的な証明書と訳文が必要になります。
 
 南丹市に引越しされたとき(転入)・・・在留カードまたは特別証明書、転出証明書を持参のうえ、南丹市に住み始めた日から14日以内に転入届出が必要です。また、新住居地の世帯主が外国人の場合は世帯主との関係がわかる公的な証明書と訳文が必要になります。


 南丹市内で引越しされたとき(転居)・・・在留カードまたは特別永住者証明書を持参のうえ、新住居地に住み始めた日から14日以内に転居届出が必要です。また、新住居地の世帯主が外国人の場合は世帯主との関係がわかる公的な証明書と訳文が必要になります。


 南丹市から引越しされたとき(転出)・・・在留カードまたは特別永住者証明書を持参のうえ、新住居地に引っ越す前、または、引越し後14日以内に転出届出が必要です。  


 ※代理人が手続きをされる場合は、委任状、在留カードまたは特別永住者証明書、代理人の本人確認書類が必要となります。



 ※在留資格変更により、新たに中長期在留者となった方
 在留資格変更の日から14日以内に、お住まいの最寄の市区町村の窓口で、住居地届出が必要となります。(在留カードを持参ください。お住まいの世帯の世帯主が外国人の場合は、世帯主との関係のわかる公的な証明書及び訳文が必要になります。)
 
 

お問い合わせ
市民環境課
TEL:0771-68-0005

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ