森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

介護保険住宅改修について

 居住している住宅(被保険者証に記載されている住所地の住宅が対象)に手すりの取付けや段差解消などの改修を行った場合、保険の給付が受けられます。
 住宅改修で保険給付を受ける場合は、その住宅改修が介護保険給付の対象工事となるかどうかの確認を含めた事前申請と工事完了後の住宅改修費支給申請が必要になりますので、市やケアマネジャーなどにご相談ください。

 事前申請の審査により書類内容に不明な点があった場合は、追加の書類や写真などの提出を求めることがありますので、南丹市の承認後に工事を開始するようにしてください。

1.対象者
 介護保険で要支援、要介護者の認定を受けた方で、在宅の方に限ります。


2.支給方法
 利用者は、いったん住宅改修の費用の全額を業者に支払った後で市に申請し、保険給付分を受け取ることになります。


3.支給限度基準額
 居住している住宅につき、200,000円を限度とします。このうち9割(一定所得者は8割)が保険給付となり、1割(または2割)が利用者負担となります。

4.対象工事
 新築・増築は対象外となります。
 詳細については、市やケアマネジャーなどにご確認ください。
  (1):手すりの取付け
  (2):段差の解消
  (3):滑りの防止および移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更
  (4):引き戸などへの扉の取替え、扉の撤去
  (5):洋式便器などへの便器など取替え
  (6):(1)から(5)までの住宅改修に付帯して必要となる工事


5.事前申請に必要なもの
  (1):介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書
  (2):住宅改修が必要な理由書(P1、P2)
   理由書については、ケアマネジャー、作業療法士・理学療法士、福祉住環境コーディネーター検定試験
        2級以上の資格を有する者が作成するものとします。
  (3):理由書作成者の資格を証明する書類(写し)
    既に提出いただいた方は不要です。
  (4):工事費見積書
    工事内訳内容をできるだけ詳しく記載ください。
  (5):改修前の状態が確認できる書類
    日付入りの写真、改修箇所および改修内容が明記されている図面
  (6):住宅の所有者の承諾書
    住宅の所有者と被保険者が異なる場合にのみ必要です。


6.工事完了後の住宅改修費支給申請に必要なもの
  (1):領収書
    宛名は被保険者本人に限ります。
    原則、原本の提出をお願いします。
  (2):住宅改修の完成後の状態を確認できる書類
    日付入りの写真
  (3):工事費内訳書
    事前申請と工事内容が異なる場合のみ必要です。


添付資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
高齢福祉課
TEL:0771-68-0006

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ