森・里・街・ひとがきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

軽自動車税関係

 
税の種類 納税義務者
軽自動車税 ・4月1日現在、原動機付自転車・軽自動車・二輪の小型自動車・小型特殊自動車(農耕作業用を含む)を所有する方
※障がいのある方やその家族が所有し、専ら障がいのある方のために、本人またはその家族が運転する車の軽自動車税は、申請により免除される場合があります。
 
 

 軽自動車税の税率表

 ※税制改正により、平成27年度以降は税率(税額)が一部変更となりました。

 原動機付自転車・二輪車などの車両 

 (1台につき年税額)

種別

税額(円)

原動機付自転車

50cc以下・0.6kW以下

2,000

90cc以下・0.8kW以下

2,000

125cc以下・0.8kW超

2,400

ミニカー

3,700

小型特殊自動車

農耕用(トラクター、コンバインなど)

2,000

その他

5,900

軽自動車

二輪(125cc超~250cc以下)

3,600

雪上車

3,000

二輪の小型自動車(250cc超)

6,000

 三輪・四輪の軽自動車

 (1台につき年税額)

種別

旧標準税率

標準税率

経年重課

グリーン化特例(軽課) 

初度検査年月
平成27年
3月以前

平成27年
4月以降

平成17年
3月以前
下表◆1

下表◆2

下表◆3

三輪

3,100

3,900

4,600 1,000 2,000 3,000

四輪

 

乗用

自家用 7,200

10,800

 12,900 2,700 5,400 8,100
営業用 5,500

 6,900

8,200 1,800 3,500 5,200

貨物

自家用 4,000

 5,000

6,000 1,300 2,500 3,800
営業用 3,000

 3,800

4,500 1,000 1,900 2,900
※「経年重課」・・・グリーン化(環境への負荷の低減に資するための施策)を進める観点から、最初の新規検査(初度検査年月)から13年を経過した三輪以上の軽自動車については、平成28年度分から概ね20%税率が上乗せされます。

 

 グリーン化特例(軽課)

※取得の翌年度分に限り税率を軽減

 

 対象車【初度検査年月:平成29年4月1日から平成31年3月31日】 

 軽減税率

◆1

電気軽自動車、天然ガス軽自動車

概ね75%軽減

◆2

軽乗用車

平成32年度燃費基準+30%達成車

概ね50%軽減

軽貨物車

平成27年度燃費基準+35%達成車
◆3 軽乗用車 平成32年度燃費基準+10%達成車

概ね25%軽減

軽貨物車 平成27年度燃費基準+15%達成車
「◆1」は、平成30年排出ガス規制に適合する車両または平成21年排出ガス規制に適合し、かつ平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ない車両に限る。
「◆2・◆3」は、平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)または平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限る。

 

譲渡や廃車などの異動があった場合 

 軽自動車などは、主たる定置場のある市区町村で登録することになっています。所有者や定置場などに変更があった場合は、車種によってそれぞれの手続き先で変更に関する届出が必要です。
 

種類

手続きの場所

手続きに必要なもの

・原動機付自転車
 (125cc以下のバイク)
・ミニカー
・小型特殊自動車
(トラクター、コンバインなど)

南丹市内の場合:
 南丹市役所税務課
 または各支所
 (TEL:0771-68-0004)

南丹市外に転出などの場合:
 新しい住所地(定置場)の市区町村役場

<廃車の場合>
 標識(ナンバープレート)、廃車申告書兼標識返納書(所有者・使用者の押印があるもの)、届出者の本人確認書類(免許証や保険証など)、車両の車台番号がわかるもの

<新規購入・名義変更の場合>
 販売証明書や前所有者の押印のある譲渡証明書(標識を変更される場合は、変更前の標識)、申告書兼標識交付申請書(所有者・使用者の押印があるもの)、届出者の本人確認書類(免許証や保険証など)、車両の車台番号がわかるもの

<転入の場合>
 前住所地の標識または廃車証明書、申告書兼標識交付申請書(所有者・使用者の押印があるもの)、届出者の本人確認書類(免許証や保険証など)

※同一世帯者以外の方が届け出る場合は、委任状が必要です。

詳しいことは左記へお問い合わせください。

・二輪の軽自動車(125cc超250cc以下)

近畿運輸局 京都運輸支局
(京都陸運局)
(TEL:050-5540-2061)

左記へお問い合わせください。

・二輪の小型自動車(250cc超)

・三輪・四輪の軽自動車

軽自動車検査協会 京都事務所
(TEL:050-3816-1844)

※注意事項
◆標識は、見やすいところに、常に取り付けてください。「標識交付証明書」に記載された車体以外への使用はできません。
◆原動機付自転車および公道を走行するフォークリフトなどの小型特殊自動車(農耕作業用を除く)は、自賠責保険への加入および共済標章(ステッカー)をナンバープレートに貼付することが義務付けられています。加入については、損害保険会社などで手続きをしてください。
◆車両を処分した場合(廃車)や、譲渡などにより所有者でなくなった場合(名義変更)、また主たる定置場が南丹市内に所在しないこととなったとき(転出)は、15日以内に申告をしてください。
◆原動機付自転車および小型特殊自動車の標識は、廃車などの申告の際に返納してください。(紛失などにより返納できない場合は、弁償金として300円ご負担いただきます)
◆車両を引き続き所有されている場合は、車両の使用・不使用(乗る・乗らない)にかかわらず廃車の手続きはできませんので、車両を処分または譲渡などをされた後にお手続きください。
 

 軽自動車税の納付について

 軽自動車税の納期は、4月30日までです。納期までに、次の納付取扱機関にて納付してください。
 ◇納付取扱機関(順不同)   
  1.南丹市出納課・各支所
  2.取扱金融機関
   (株)京都銀行、京都信用金庫、京都農業協同組合、京都中央信用金庫、(株)りそな銀行
   ゆうちょ銀行・郵便局(近畿2府4県)
  3.コンビニエンスストア
   取扱いコンビニエンスストアは、納付書裏面に記載していますので、ご確認ください。
   ただし、コンビニ収納用のバーコード印字のないもの、取扱期限の過ぎたもの、金額を訂正したものは使用できません。
  4.クレジットカード納付(インターネット)
   ただし、決済手数料が必要となります。(利用者負担)
 

車検用の納税証明書について

 軽自動車の車検(継続検査)を受ける際には、継続検査用納税証明書が必要です。領収証書と一体となっていますので、軽自動車税の納付後は大切に保管してください。(車検対象外の車種または前年度以前に未納がある場合は、証明書有効期限を「*」で消しています)
 口座振替およびクレジットカード納付の方には、納付確認後に領収証書兼納税証明書を送付します。
 軽自動車税の減免を受けられた方には、減免決定通知書に同封して納税証明書を送付します。
 

 紛失などで納税証明書の再発行が必要な場合

 継続検査用納税証明書は、税務課または各支所窓口で、申請により手数料無料で発行しています。また、郵送による交付申請も可能です。(82円切手を貼った返信用封筒を同封してください)
 
・本人または南丹市内の同じ世帯のご家族による申請の場合は、窓口来庁者の本人確認書類(運転免許証など)をご持参ください。
・世帯が異なる方や代理人による申請の場合は、車検証(写し可)または委任状を持参してください。
・車検を受ける車両の軽自動車税に滞納がある場合は、納税証明書は発行できません。
・納付をされてから、証明書を発行するシステムに納付情報が反映されるまで20日程度かかる場合があります。すぐに証明書の発行が必要な場合は、納付が確認できる領収証書や口座振替通帳の提示をお願いします。(クレジットカード納付はシステム反映後でないと証明書が発行できないため、お急ぎの場合は、クレジットカード納付以外の支払方法をご利用ください)
・納税証明書は、車検証の「使用の本拠の位置」の欄に記載のある市町村でないと発行できません。不明な場合は、車検証でご確認ください。
・自動車税の納税証明書は、市役所では発行できません。京都府南丹広域振興局へお問い合わせください。(TEL 0771-22-0330)
 
 

お問い合わせ
税務課
TEL:0771-68-0004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ