森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

軽自動車税関係

 
税の種類 納税義務者
軽自動車税 ・4月1日現在、原動機付自転車・軽自動車・二輪の小型自動車・小型特殊自動車(農耕作業用を含む)を所有する方
(心身に障害のある方などが所有し、本人や家族が運転する車の税金は、申請により免除される場合があります)
※納付書は、個人市民税・固定資産税(都市計画税)はまとめて、軽自動車・国民健康保険税は個別になります。
※軽自動車の車検には納税証明が必要です。また、軽自動車などの譲渡や廃車などの異動があった場合は、関係機関に届出が必要です。
 

 軽自動車税の税率表

※税制改正により、平成27年度以降は税額が一部変更となります。
 詳しくは、軽自動車税税制改正のページをご覧ください。

 

 (1台につき年税額)

種別

税額(円)

原動機付自転車

~50㏄まで

1,000

~90㏄まで

1,200

~125㏄まで

1,600

ミニカー

2,500

小型特殊自動車

農耕用(トラクター、コンバインなど)

1,600

その他

4,700

軽自動車

二輪

2,400

雪上車

2,400

三輪

3,100

四輪乗用

自家用

7,200

営業用

5,500

四輪貨物

自家用

4,000

営業用

3,000

二輪の小型自動車

4,000

 

 

譲渡や廃車などの異動があった場合 

 軽自動車などは、主たる定置場のある市区町村で登録することになっています。所有者や定置場などに変更があった場合は、車種によってそれぞれの手続き先で変更に関する届出が必要です。
 
 

種類

手続きの場所

手続きに必要なもの

・原動機付自転車
 (125cc以下のバイク)
・ミニカー
・小型特殊自動車
(トラクター、コンバインなど)

南丹市内の場合:
 南丹市役所税務課
 または各支所地域総務課
 (TEL:0771-68-0004)

南丹市外に転出などの場合:
 新しい住所地(定置場)の市区町村役場

<廃車の場合>
 標識(ナンバープレート)、廃車申告書兼標識返納書(所有者・使用者の押印があるもの)、届出者の本人確認書類(免許証や保険証など)、車両の車台番号がわかるもの

<新規購入・名義変更の場合>
 販売証明書や前所有者の押印のある譲渡証明書(標識を変更される場合は、変更前の標識)、申告書兼標識交付申請書(所有者・使用者の押印があるもの)、届出者の本人確認書類(免許証や保険証など)、車両の車台番号がわかるもの

<転入の場合>
 前住所地の標識または廃車証明書、申告書兼標識交付申請書(所有者・使用者の押印があるもの)、届出者の本人確認書類(免許証や保険証など)

※同一世帯者以外の方が届け出る場合は、委任状が必要です。

詳しいことは左記へお問い合わせください。

・二輪の軽自動車(125cc超250cc以下)

廃車するとき:
 軽自動車検査協会 京都事務取扱所
 (TEL:050-3816-1844)

廃車以外のとき:
 近畿運輸局 京都運輸支局
 (京都陸運局)
 (TEL:050-5540-2061)

左記へお問い合わせください。

・二輪の小型自動車(250cc超)

近畿運輸局 京都運輸支局
(京都陸運局)
(TEL:050-5540-2061)

・三輪・四輪の軽自動車

軽自動車検査協会 京都事務取扱所
(TEL:050-3816-1844)

 

 軽自動車税の納付について

 軽自動車税の納期は、4月30日までです。納期までに、次の納付取扱機関にて納付してください。
 ◇納付取扱機関(順不同)   
  1.南丹市出納課・各支所
  2.取扱金融機関
   (株)京都銀行、京都信用金庫、京都農業協同組合、京都中央信用金庫、(株)りそな銀行
   ゆうちょ銀行・郵便局(近畿2府4県)
 ※平成27年度分から、コンビニエンスストアで軽自動車税の納付ができるようになりました。
  ただし、コンビニ収納用のバーコード印字のないもの、取扱期限の過ぎたもの、金額を訂正したものは使用できません。
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ
税務課
TEL:0771-68-0004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ