森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

南丹市のごみの分別処理と再利用について

1

現在、南丹市のごみ(家庭系一般廃棄物)については、船井郡衛生管理組合が回収・運搬を行っています。

種類毎のごみの分別

市民の皆様には冊子「ごみの正しい分け方と出し方」をもとに精力的に分別にご協力いただいています。
このページでは、主な種類ごとの処理と再利用の内容をお伝えします。
 

1、可燃ごみ

 市内で発生する生ごみ衣類紙類その他可燃性のごみについては、上記表のとおり、焼却処理もしくはバイオリサイクルによってたい肥として再利用されています。
 園部町にある、カンポリサイクルプラザ㈱で処理され、残った灰などは大阪湾に埋め立てています。
 

2、資源化ごみ

 資源化ごみは再利用が容易な種類のごみです。
 
2-1 ビニール類
 樹脂類のごみです。
 適切な分量でほかの材料と混ぜることで、工業で使用する固形燃料「RPF」に再利用されています。
 きちんと分別されていると、混合率が安定し使いやすくなります。
 
2-2 ペットボトル
 砕いたうえでプラスチックの原料として利用されています。
 再利用されるときには、飲み物の容器には使用できないことになっています。
 
2-3 びん(色別5種類)
  ガラスの色毎に砕いて、同じ色の瓶・ガラスの原料に再利用しています。
 
2-4 金属ごみ、アルミ
 粗大ごみに混ざりがちな金属ごみですが、電気回路などに再利用可能な金属が多く含まれています。
 きちんと分別されていると、効率よく再利用することできます。
 
2-5 古紙 紙パック
  粉砕し、紙の原料としています。
 紙パックは裏にビニールの被膜があるので、別枠で集めています。
 
2-6 粗大ごみ、家電ごみ
 金属ごみとは異なるサイズの大きなゴミなどです。
 粉砕したうえで、可燃物は灰にして埋め立て、樹脂類は固形燃料「RPF」に加工され、金属など再利用できるものは原材料に再利用しています。 
 
2-7 有害類(廃電池、廃蛍光灯、鏡など)
 水銀など、人体に有害な成分を含むごみです。
 分解して、水銀などを再利用しています。
 

最後に

ごみは正しく分別し、排出していただきますようお願いいたします。




 

2
3
4

    お問い合わせ
    市民環境課
    TEL:0771-68-0005

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?



    ▲ ページの先頭へ