森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

クロバネキノコバエについて

クロバネキノコバエ

 クロバネキノコバエ(黒い羽虫)が大量に発生している地域があります。

 クロバネキノコバエは、大量になると不快に感じられますが、刺すなどの人に被害をおよぼすことはありません

 また、防除の方法については、下記の「対策」の項を参考にしてください。

 


 特 徴

  体長  1~2㎜

  体色    黒色~暗褐色(羽があります)

 

 生 態

・雨が降った翌日に晴れると、多く発生

・1日のうちでは朝方(夜明け~午前10時頃)に多く発生

・水分を適度に含んだ腐葉土などのある場所(野山、畑、植木鉢など)に産卵し、幼虫、蛹を経て、20日間程度で成虫になる。

・発生場所など不明な点がまだ多く、駆除することが困難

 

 対 策

・大量発生する時間帯(夜明け~午前10時頃)は窓やドアを閉めきる。

・アミ戸に殺虫スプレーを噴霧する。

・室内に大量発生した場合は、発生源を取り除くか殺虫剤で駆除する。
 ただし、殺虫剤が効かない場合(蛹(さなぎ)など)もあるので、継続的に駆除すること。

・侵入経路となる窓、ドアには、室外に扇風機などを置き、成虫が近寄らないように横から風を送る。

○問合せ先 京都府南丹保健所 環境衛生室
      TEL0771-62-4754
 

    お問い合わせ
    市民環境課
    TEL:0771-68-0005

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?



    ▲ ページの先頭へ