森・里・街・ひとがきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

高齢者虐待について

高齢者虐待は、高齢者の「人としての尊厳」を傷つける行為です。
「高齢者虐待の防止・高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(高齢者虐待防止・養護者支援法)では、虐待の区分と定義を次のとおりとしています。


高齢者虐待の区分と定義

区分 定義 具体例
身体的虐待 暴力行為によって、身体的に傷やあざ、痛みを与える行為。
また、外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為のこと。
● たたく、つねる、殴る、蹴る、やけどを負わせる
● ベッドにしばりつけたり、薬を過剰に与える
 心理的虐待 威圧的な言動や態度で脅しや侮辱を与える、無視する、嫌らせをするなど、精神的な苦痛を与えること。  ● 排泄などの失敗に対して高齢者に恥をかかせる
● 怒鳴る、ののしる、悪口を言う、無視する、子ども扱いする
 介護や世話の放棄・放任 食事や水分を与えない、入浴をさせないなど、高齢者の生活環境や、身体的・精神的状態を悪化させること。 ● 空腹、脱水、栄養失調の状態のままにする
● おむつなどが汚れている状態を放置する、劣悪な状態や住環境の中に放置する
 経済的虐待 日常生活で必要な金銭を渡さなかったり、預貯金や年金などを本人の合意なしに使用したりすること。  ● 日常的に必要なお金を渡さない、使わせない
● 本人の不動産、年金、預貯金などを本人の意思・利益に反して使用する 
 性的虐待 本人を辱める性的な行為をしたり、わいせつな行為を強要したりすること。   ● 排泄の失敗などに対して懲罰的に下半身を裸にして放置する
● キス、性器への接触、性行為を強要する

※ 虐待に気づいた方には、通報の義務があります。
※ 通報者を特定する情報が外部に漏れることはありません。
※ 第三者が介入することで虐待の深刻化を防ぐことができます。
  「もしかしたら虐待かもしれない」と思ったら、迷わず相談・通報してください。


 虐待予防・早期発見
 高齢者の言動や家族の様子から虐待がわかることがあります。
  下に添付の虐待予防・発見チェックリストをご活用ください。


相談窓口
 ご家族の方で「高齢者への対応の仕方が分からない」「介護に疲れてしまった」等の悩みをお持ちの場合も、こちらの窓口へご相談ください。

担当窓口 住所 電話番号・FAX番号
南丹市役所 高齢福祉課 園部町小桜町47番地  電話:0771-68-0006
FAX:0771-68-1166
南丹地域包括支援センター
園部事務所
園部町小桜町47番地  電話:0771-68-3150
FAX:0771-68-3151 
南丹地域包括支援センター
八木事務所 
八木町西田山崎17番地  電話:0771-43-0551
FAX:0771-42-4412 
南丹地域包括支援センター
日吉事務所
日吉町保野田垣ノ内11番地  電話:0771-72-0214
FAX:0771-72-3222 
南丹地域包括支援センター
美山事務所
美山町安掛下8番地 電話:0771-75-1006
FAX:0771-75-0829 


南丹市高齢者虐待対応マニュアル
 南丹市では、高齢者虐待事案に適切に対応する為、「南丹市高齢者虐待対応マニュアル」【下に添付】を作成しています。

添付資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
高齢福祉課
TEL:0771-68-0006

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ