森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

不妊治療等給付事業


南丹市一般不妊治療など給付事業について
南丹市では、子どもを希望しながらも恵まれないため、不妊治療または不育治療を受けている夫婦に対して、経済的負担の軽減をはかるため、その治療に要する費用の一部を助成しています。
               

1.対象者

 1.南丹市に住所を有し、京都府に1年以上居住している夫婦。
  (一般不妊治療のうち一般治療、および不育治療については、婚姻の届けを出していないが事実上婚姻関係
   にある者を含む。)

 2.各種医療保険に加入していること。

      

2.給付対象とする治療および助成金額など  

 

一般不妊治療

不育治療

治療内容

・一般治療(治療の一環として行う検査を含む)

・人工授精

・不育症の原因検査

・ヘパリン注射などの治療

保険適用

一般治療については 保険適用有

人工授精は 保険適用無

保険適用有

対象者

および条件

男女 事実婚を認める

※ただし、治療内容が人工授精の場合は法律上の夫婦

助成内容

本人負担の 1/2

※ただし、医療保険法の規定による保険者、共済組合の規約、定款、運営規則などで、不妊治療に要する費用に対して給付がなされる場合には、その額を控除する。

助成上限

1年度につき 10万円

(保険適用のみは 6万円)

1回の妊娠につき 10万円

申請期間

治療の翌日から起算して 1年以内

  

3.申請手続き

   市役所保健医療課、もしくは、各支所市民生活課で受け付けます。


4.必要書類

(1)不妊治療など(一般不妊治療・不育治療など)助成金交付申請書
 加入している医療保険の種類および保険者番号などの記入が必要です。押印が必要です。

(2)一般不妊治療医療機関証明書、または不育治療など医療機関証明書
 事前に医療機関で必要事項についての証明を受けてください。院外処方がある場合は、薬局の証明も提出することができます。

(3)不妊治療など助成金請求書
 押印が必要です。(朱肉使用) 助成金を振り込む口座の記入が必要です。

*助成金交付申請書など必要書類は、保健医療課および各支所市民生活課にあります。

*申請は診療の翌日から起算して1年以内に行ってください。



参考:特定不不妊治療助成制度(体外受精および顕微授精)につきましては、京都府不妊に悩む方への助成事業などについての特定不妊治療への助成(特定不妊治療費助成制度)をご覧ください。



添付資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
保健医療課
TEL:0771-68-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ