森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

乳がん自己検診について

月1回乳がんの自己検診を習慣にしましょう





<増え続ける乳がん>

乳がんにかかる人は年々増加し、女性のがんの中でも最も多いがんとなっています。

乳がんの発症は20歳過ぎから認められ、30歳代ではさらに増え40歳代~50歳代でピークになります。
小さな乳がんのほとんどは命を脅かすことがないことがわかっています。

乳がんは自分で発見できる数少ないがんの一つであり、患者さんの約半数が自分で乳房の異常を

見つけています。
自分で触って偶然見つかる乳がんのしこりの大きさは2cm以上ですが、

自己検診を習慣にすると1cmの大きさにも気付けるようになります。


1㎝程度のしこりは早期の段階のがんで、約90%の方が助かります。


※自己検診の方法は下記に記載しています


<もしかして・・・と思ったら>

乳房やワキの下などに異常を見つけたら、すぐに乳腺(外)科で診察を受けてください。

 

<自己検診と合わせて2年に1度検診を受けましょう>


南丹市の市民健診では40歳以上の方を対象に乳がん検診(マンモグラフィ検査)を実施しています。

マンモグラフィはしこりを作らない早期のがんの発見に有効です。



<月1回の自己検診を習慣化し、自分の身体を守りましょう>

自己検診方法

    お問い合わせ
    保健医療課
    TEL:0771-68-0016

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?



    ▲ ページの先頭へ