森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

日本脳炎の特例措置について

 日本脳炎の予防接種については、予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで予防接種のご案内を行いませんでしたが、その後、新たなワクチンが開発され、現在は通常どおり受けられるようになっています。

 平成17年度から平成21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃した方について、次のとおり特例が認められています。

 

 平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方 

 上記の方は、20歳未満までの間、定期の予防接種(第1期・第2期)が受けられます。

第1期接種を一度も接種していない場合は、通常の接種間隔を守って接種してください(初回接種は6日以上、標準的には6日~28日の間隔をおいて2回、追加接種は初回接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に1回。)。

第1期接種を開始したものの規定どおりに接種できていない場合は、6日以上の間隔をおいて、不足している残りの回数を接種してください。

第2期接種は、9歳になった後に、第1期接種終了後6日以上の間隔をおいて1回接種してください(当該接種間隔については、通常、第1期接種終了後約5年の間隔をおいて接種することが望ましいとされています。年齢などを考慮し、接種医と相談してください。)。

 

 平成19年4月2日~平成21年10月1日まれの方 

上記の方のうち、平成22年3月31日までに第1期接種が完了していない方(平成22年3月31日までに接種を全く受けていない方は除きます。)で、生後6月~90月または9歳以上13歳未満の方は,定期の予防接種(第1期)が受けられます。

上記平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方の第1期接種に準じて接種してください。

添付資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
保健医療課
TEL:0771-68-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ