森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

風しん予防接種の費用一部負担について

風しんは妊娠初期に感染すると、胎児に先天性風しん症候群をおこす可能性があります。感染を予防するためには、予防接種が効果的です。

南丹市では、先天性風しん症候群の発生を予防するための対策として、次のとおり風しんの予防接種費用を一部助成します。

助成対象者: 接種当日、南丹市に住民票を有する方で、風しんの抗体検査などで抗体価が低い方でかつ下記1.2.のいずれかに該当する方

 1. 妊娠を希望する女性。
 2. 抗体価が低い妊婦の同居者。 
(HI法またはEIA法による検査で、HI価が1:16以下、あるいはEIA-IgG価8.0 未満を「抗体価が低い」と判定する)

助成対象予防接種: 麻しん風しん(MR)予防接種または、風しん(R)予防接種

助成予防接種実施期間: 平成29年4月1日~平成30年3月31日

助成申請受付期間: 平成30年4月2日まで (必着)

助成金額: 麻しん風しん(MR)予防接種は、6,000円。風しん(R)予防接種は、4,000円。

  ※但し、助成回数は平成25年度~28年度事業を含め1人1回のみで、予防接種費用が助成金額を下回る場合は、低い方の金額です。

  ※生活保護世帯の方は、全額助成となります。

申請方法:医療機関で予防接種を受け、費用を全額支払い後、保健医療課および各支所市民生活課窓口で申請の手続きを行なってください。

必要書類など1.南丹市予防接種費用助成金交付申請書
        2.印鑑
        3.助成金振込先の金融機関口座番号が確認できるもの
        4.医療機関発行の予防接種領収書の原本
          (氏名、予防接種名、接種日、金額記載のものレシート不可)
        5.風しん抗体検査結果
        6.抗体価の低い妊婦の同居者は、母子手帳・同居の妊婦の風しん抗体検査結果(母子手帳に記載
          されていれば不要)・同居の有無が分かる書類(保険証、免許証など)
        7.南丹市風しん予防接種費用助成金請求書 

助成方法:助成決定者には、助成決定金額を指定口座に振り込みます。

※注意:女性は、予防接種前1カ月から予防接種後2カ月は避妊しなければなりません。妊娠中の人は、予防接種は受けられません。


※参考:京都府が風しん抗体検査の助成事業を実施しています。詳しくは南丹保健所(0771-62-4751)にお問いあわせいただくか、京都府ホームページの「風しん抗体検査の無料実施について」をご参照ください。

添付資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
保健医療課
TEL:0771-68-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ