○南丹市景観条例施行規則

平成25年12月20日

規則第24号

目次

第1章 総則(第1条・第2条)

第2章 景観計画区域内における行為の届出等(第3条―第9条)

第3章 景観重要建造物及び景観重要樹木(第10条―第15条)

第4章 景観協定(第16条―第22条)

第5章 南丹市景観審議会(第23条)

第6章 雑則(第24条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、南丹市景観条例(平成25年南丹市条例第23号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(工作物)

第2条 条例第2条第1項第3号に規定する工作物は、次に掲げるものとする。

(1) プラント類 コンクリートプラント、クラッシャープラントその他これに類するもの

(2) 貯蔵施設類 飼料、肥料、石油、ガス等を貯蔵する施設

(3) 処理施設類 汚物処理場、ごみ焼却場その他の処理施設

(4) 電気供給施設等 電気事業法(昭和39年法律第170号)第2条第1項第9号に規定する電気事業のための施設又は電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第2条第1号に規定する電気通信のための施設

(5) 前各号に掲げる以外の工作物 自動車車庫、地上に設置した太陽光発電設備、擁壁、さく、垣(生け垣を除く。)、塀、煙突、排気塔、高架水槽、冷却塔、広告塔、広告板、装飾塔、電波塔、記念塔、物見塔、サイロ、風車、観覧車、飛行塔、コースター、鉄筋コンクリート造の柱、鉄柱、木柱、彫像、記念碑等その他これらに類するもの

第2章 景観計画区域内における行為の届出等

(行為の届出)

第3条 条例第9条に規定する行為の届出は、景観計画区域内行為(変更)届出書(様式第1号)により行うものとする。

2 変更の届出には、当該変更に係る景観法施行規則(平成16年国土交通省令第100号)第1条第2項各号に掲げる図書を添付しなければならない。

3 前項の規定にかかわらず、市長は、添付の必要がないと認めるときは、これを省略させることができる。

(適合の通知)

第4条 条例第10条第1項の規定による通知は、景観計画区域内行為適合通知書(様式第2号)により行うものとする。

(勧告)

第5条 条例第12条第1項に規定する勧告は、景観計画区域内行為勧告書(様式第3号)により行うものとする。

(公表)

第6条 条例第13条の規定による公表は、次に掲げる事項について、告示、広報紙への掲載その他の方法により行うものとする。

(1) 条例第12条第1項に規定する勧告に従わなかった者の氏名及び住所(法人にあっては、その名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所在地)

(2) 公表の理由

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(行為者の変更)

第7条 条例第14条に規定する行為者の変更届は、行為者変更届(様式第4号)によるものとする。

(行為の中止)

第8条 条例第15条に規定する行為の中止届は、景観計画区域内行為中止届(様式第5号)によるものとする。

(行為の完了)

第9条 条例第16条に規定する行為の完了届は、景観計画区域内行為完了届(様式第6号)によるものとする。

第3章 景観重要建造物及び景観重要樹木

(景観重要建造物の通知)

第10条 条例第17条の規定による通知は、指定通知書(様式第7号)によるものとする。

(景観重要建造物の告示)

第11条 条例第17条の規定による告示は、次に掲げる事項について行うものとする。

(1) 指定番号及び指定の年月日

(2) 景観重要建造物の名称

(3) 景観重要建造物の所在地

(4) 指定の理由となった外観の特徴

(景観重要建造物の指定の標識)

第12条 条例第17条に規定する標識には、次に掲げる事項を記載するものとする。

(1) 景観重要建造物である旨

(2) 景観重要建造物の名称

(3) 指定年月日

(4) その他市長が必要と認める事項

2 前項の標識は、当該景観重要建造物の良好な景観を損なわない形態意匠とするとともに、当該景観重要建造物の敷地内で道路等から容易に望見できる場所に設置するものとする。

(景観重要樹木の通知)

第13条 条例第19条の規定による通知は、指定通知書(様式第7号)によるものとする。

(景観重要樹木の告示)

第14条 条例第19条の規定による告示は、次に掲げる事項について行うものとする。

(1) 指定番号及び指定の年月日

(2) 景観重要樹木の樹種

(3) 景観重要樹木の所在地

(4) 指定の理由となった樹容の特徴

(景観重要樹木の指定の標識)

第15条 条例第19条に規定する標識には、次に掲げる事項を記載するものとする。

(1) 景観重要樹木である旨

(2) 景観重要樹木の樹種

(3) 指定年月日

(4) その他市長が必要と認める事項

2 前項の標識は、当該景観重要樹木の良好な景観を損なわない形態意匠とするとともに、当該景観重要樹木の存する敷地内で道路等から容易に望見できる場所に設置するものとする。

第4章 景観協定

(景観協定の記載事項)

第16条 条例第22条第1項の規則で定める事項は、景観法(平成16年法律第110号。)第81条第2項に規定するもののほか、次に掲げるものとする。

(1) 景観協定の名称

(2) 景観協定の目的

(3) 景観協定を締結する者の氏名及び住所(法人にあっては、その名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所在地)

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(景観協定の認可の申請)

第17条 条例第22条第1項に規定する認可の申請をしようとする者は、代表者を定め、景観協定認可申請書(様式第8号)及び次に掲げる図書等を市長に提出しなければならない。

(1) 景観協定書

(2) 景観協定を締結する理由書

(3) 景観協定区域の付近見取図

(4) 景観協定区域を表示した図面

(5) 認可を申請しようとする者が代表者であることを証する書類

(6) その他市長が必要と認める図書

(認可の要件)

第18条 条例第22条第2項の規則で定める要件は、条例第6条に規定する景観計画に位置付けられた景観形成に関する基本方針に適合していることとする。

(協定の認可)

第19条 市長は、条例第22条第2項の規定により景観協定を認可したときは、当該申請者に対し、景観協定認可書(様式第9号)を交付するものとする。

2 市長は、景観協定を認可しなかったときは、当該申請者に対し、文書により通知するものとする。

(景観協定の適用及び承継)

第20条 景観協定区域内の条例第21条の規定に該当する者は、景観協定の認可のあった日以後は、景観協定の締結事項が適用されるものとする。

2 景観協定の認可のあった日以後に条例第21条の規定に該当する者が替わった場合は、替わった者が前項の事項を承継するものとする。

(景観協定の変更及び廃止)

第21条 条例第22条第3項の規定により景観協定を変更し、又は廃止するときは、景観協定変更申請書(様式第8号)又は景観協定廃止申請書(様式第10号)を市長に提出しなければならない。

2 景観協定変更申請書には、次に掲げる図書等を添付しなければならない。

(1) 変更後の景観協定書

(2) 景観協定を変更する理由書

(3) 景観協定区域を表示した図面(景観協定区域を変更した場合に限る。)

(4) 景観協定を締結した区域内に係る土地所有者等の全員の合意により、当該協定を変更することを証する書類

(5) 届出をしようとする者が代表者であることを証する書類

(6) その他市長が必要と認める図書

3 景観協定廃止申請書には、次に掲げる図書等を添付しなければならない。

(1) 景観協定を廃止する理由書

(2) 景観協定を締結した区域内に係る土地所有者等の全員の合意により、当該協定を廃止することを証する書類

(3) 申請をしようとする者が代表者であることを証する書類

(4) その他市長が必要と認める図書

4 市長は、第2項の申請があった場合は、その内容を審査し、当該協定の変更が景観形成に寄与し、かつ、第18条に掲げる要件に該当すると認めるときは、景観協定変更承認通知書(様式第9号)により、その旨を代表者に通知するものとする。

(認可取消通知)

第22条 市長は、条例第22条第3項の規定により景観協定の廃止の申請を認可したときは、景観協定認可取消通知書(様式第11号)により、その旨を代表者に通知するものとする。

第5章 南丹市景観審議会

(南丹市景観審議会)

第23条 条例第24条に規定する南丹市景観審議会(以下「審議会」という。)に会長及び副会長を置く。

2 会長は、委員の互選により選出する。

3 会長は、会務を総理し、審議会を代表する。

4 副会長は、委員のうちから会長が審議会に諮り選任する。

5 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときはその職務を代理する。

6 審議会は、会長が招集し、議長となる。

7 審議会は、委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

8 審議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

9 審議会は、調査審議するため必要があると認めるときは、委員以外の者の出席を求め、その意見若しくは説明を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

10 審議会の庶務は、企画政策部において処理する。

第6章 雑則

(その他)

第24条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月3日規則第3号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

画像画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南丹市景観条例施行規則

平成25年12月20日 規則第24号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第4章
沿革情報
平成25年12月20日 規則第24号
平成29年3月3日 規則第3号