森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

沿革

<南丹市 平成18年1月1日 発足>
【旧園部町】
 旧園部町は、昭和4年に園部村と桐ノ庄村、昭和26年に川辺村、昭和30年に摩気村と西本梅村を編入しました。
 また、昭和33年には、昭和31年に亀岡市に編入された東本梅村のうち、南大谷の一部と若森を編入し、園部町となりました。
 平成18年1月1日、八木町、日吉町、美山町と合併し「南丹市」となりました。
【旧八木町】
 大正4年に八木村が八木町となり、昭和26年に、吉富村、新庄村、富本村(明治27年に本庄村と富庄村が合併)を編入しました。
 また、昭和30年には、神吉村を編入し、八木町となりました。
 平成18年1月1日、園部町、日吉町、美山町と合併し「南丹市」となりました。
【旧日吉町】
 昭和30年に、世木村、五ヶ荘村、胡麻郷村の3村が合併し、日吉町となりました。
 平成18年1月1日、園部町、八木町、美山町と合併し「南丹市」となりました。
【旧美山町】
 昭和30年に、知井村、平屋村、宮島村、鶴ヶ岡村、大野村の5村が合併し、美山町となりました。
 平成18年1月1日、園部町、八木町、日吉町と合併し「南丹市」となりました。
  
< 市域の変遷 >
市域の変遷
 
 

お問い合わせ
情報政策課
TEL:0771-68-0065

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ