森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

平成22年度実施計画書 第1章 生涯充実して暮らせる都市を創る

 
1.安心して子育てできるまちをめざす
2.明日を担い、内外で活躍するひとを育てる
3.生涯にわたって学び、活かす機会をつくる
4.医・食・住の充実と高齢者や障がいのある人の自立を支援する
5.ふるさとで働ける場をふやす
 
■ 1.安心して子育てできるまちをめざす
(1)地域全体で子育てを支援する仕組みづくり
にこにこ育児推進事業 育児不安などを解消し、安心して子どもを育てることができるよう、子育て講座や子育てフォーラムを開催する。  23〜25
年度
ファミリー・サポート事業 子育ての援助を受けたい人(依頼会員)と援助を行う人(提供会員)を募集・登録し、アドバイザーが仲介して有償で会員相互の援助活動を行う。(社会福祉協議会に運営委託) 23〜25年度
家庭教育支援事業 親が参加する様々な機会を活用した家庭教育に関する学習機会の提供や父親の家庭教育への参画を促進する。市内の各幼・小・中学校において家庭教育学級を実施する。 23〜25年度
子育てすこやかセンター事業 就学前児童とその保護者に対する子育て相談や情報の提供、子育てサークルへの支援、子育てボランティアの育成、さらには保健師や学校等と連携し地域子育てセンターを各地域に設置するなど、子育ての楽しさや喜びの輪を広げる活動を推進する。 23〜25年度
子育て応援ボランティアバンク事業 ボランティアや活動グループを登録し、必要なときに必要な支援が提供できるようコーディネートができる体制をつくる。 23〜25年度
就学前幼児読書環境充実事業 早い段階から読書に対する関心を喚起し、情緒や言葉の発達を促すため、保育所等における読み聞かせを行う。 23〜25年度
青少年活動事業 心豊かでたくましい子どもを社会全体で育むことを目的として地域の指導者(学習アドバイザー等)と連携して実施している。
事業内容は、ものづくり、環境活動、共同作業、三世代交流等である。
23〜25年度
母子生活支援事業 母子家庭やこれに準じる家庭の児童が養護に欠ける場合に、申込みにより母子を母子生活支援施設(母子寮等)に入所させる。
ひとり親家庭の生活の自立を支援する各種事業を実施する。
23〜25年度
(2) 子育て世帯への経済的支援の推進
子育て支援医療費助成事業 乳幼児と児童・生徒等の医療機関でかかった医療費の一部を助成することにより、子育て世帯の経済的負担を軽減する。  23〜25年度
子育て手当支給事業 子育て世帯への支援として、「子宝祝金支給事業」「入学祝い金支給事業」「子育て手当て支給事業」を実施する。 23〜25年度
不妊治療給付事業 不妊治療に要する保険診療費被保険者負担額の2分の1以内の額を助成する。 23〜25年度
母子医療費支給事業 母子等が医療機関でかかった医療費の一部を助成することにより、母子世帯の経済的負担を軽減する。 23〜25年度
(3) 多様な保育の推進
病児・病後児保育事業 病児・病後児保育ができる施設・体制を整備する。  23〜25
年度
保育環境整備・幼保一元化促進事業 日吉中央保育所及び胡麻保育所に0・1・2歳児の年齢別保育が行える施設及び体制を整備する。
あわせて、認定子ども園等の事業展開を想定した施設整備を行う。
日吉中央保育所については、平成22年に実施予定。
23年度
保育所運営事業 保育所運営事業 概ね平日8:30〜16:30の平常保育をはじめ、近年保護者要望が多い早朝保育、延長保育、土曜集合保育、障がい児保育等の安定的な保育所運営を行い、児童の健全な育成と保護者の就労支援を行う。  23〜25
年度
保育所改修事業 平成21年度に実施した保育所施設の耐震診断により、強度不足と判定された八木東幼児学園、城南保育所の耐震補強工事を実施する。 23年度
(4) 就学前教育の充実化
すこやか学園管理運営事業 就園前の幼児に遊びの場と遊びの友達を提供する。
懇談会・講習会等、保護者同士の学び合い・育ち合う場を提供する。
親の子育ての悩みについて相談に応じる。
23〜25
年度
幼稚園教育の推進 園部幼稚園と八木中央幼稚園が持っている特性を活かし、より緊密に連携をとり幼児教育を推進する。
また、保護者はもちろん地域の教育力を高める取り組みを進め、市内保育所や小学校など関係機関と連携を深め、幼児のすこやかな成長を促す。
23〜25
年度
(5) 放課後の子どもの育成の場作り
安心・安全の居場所づくり事業 保護者の就労等により放課後の家庭保育が欠ける児童に対し適切な遊び及び生活の場を与えることによりその健全育成を図る。
開設時間 平日:授業終了時から午後6時まで
土曜日・学校の長期休業期間・学校振替休業日:午前8時から午後6時まで 
23〜25年度
(6) 多様な支援の一体的な推進
育児支援事業 子育て中の親子支援のため、保健師・栄養士等による子育て相談、離乳食教室を実施する。
子育てに悩む親子や発達発育が気になる乳幼児に対して、小集団での遊びの教室を行う。
23〜25年度
地域子育て支援事業 親の病気や出産等による一時的な養育支援として、子育てサポーターの派遣や児童養護施設への短期入所を行う。
0歳から3歳の親子を対象とした広場事業等、子育て支援事業の開催。
子育てに関するフォーラム、講演会の開催。
23〜25年度
このページのトップへ戻る
■ 2.明日を担い、内外で活躍するひとを育てる
(1) 学校規模の適正化
生きる力を育む学校教育環境整備検討事業

学校規模適正化検討事業
子どもたちの発達にとってよりよい教育環境での学びを基本に、児童・生徒数の状況に合わせた学校規模の適正化と適正配置について、学校規模の適正化・適正配置等を検討する委員会等を組織して協議を重ね、具体化を図っていく。  23〜25年度
(2) 学校教育の充実
学校図書館システム導入委託事業 全地区統一のシステムを導入し、環境格差を是正し、利便性の向上を図る。 24年度
学力充実講師配置事業 学力向上と少人数教育を行うための講師を配置し、基礎学力の定着と、きめ細かな指導に資する。  23〜25年度
教育研究委託事業 幼・小・中学校の創意工夫により、次の事業を対象とした研究事業を実施する。
(1)卓越性を目指す「特色ある学校づくりに関するもの」
(2)学力向上を図る「基礎学力向上に関するもの」
(3)人権教育の推進を図る「人権教育に関するもの」
(4)学びに向かわせる就学前教育の在り方
23〜25年度
小・中学校英会話事業 業者との委託契約により配置された外国語指導助手(ALT)が、日本人教員とともに児童生徒に対して英語を指導する。 23〜25年度
小・中学校教育振興事業 児童生徒の実態や地域社会の実情を活かして、心の教育、人権教育、環境教育、情報教育、体力、競技力の向上、芸術・文化の振興等特色ある学校づくり条件整備の推進を積極的に図る。併せて、各種調査により向上度の検証を図る。 23〜25年度
小・中学校通級指導教室事業 小・中学校において通常の学級に在籍する比較的軽度の障がいのある児童・生徒に対し、その障がいに応じ、週に数回の特別指導を実施。また、特別支援教育を必要とする児童・園児・生徒にかかる教育相談・発達検査を実施。
本教室のコーディネーターは、本市学校・園・所のリーダー的コーディネーターとして、特別支援教育の先導的役割を担っている。
23〜25年度
生きる力を育む学校教育環境整備検討事業
・中学校給食課題検討事業
中学校給食を実施するための課題を明らかにし、その課題解決に向けた検討を中学校教育関係者を中心に行う。  23〜25年度
特別支援教育支援員配置事業 学校教育法施行令第5条に定める認定就学者をはじめ、様々な障がいのある児童生徒が在学しており、特に通常の学級においては、発達障がいを含む障がいのある児童生徒が在籍している現状がある。このような状況を踏まえ、学校生活上の介助や学習活動上の支援を行う特別支援教育支援員の配置を行う。 23〜25年度
(3) 学習施設と設備の整備
教育施設整備事業 安心・安全の学校づくりのため必要な修繕や改修、耐震補強等の工事を行い、教育施設における良好な教育環境整備を図るため、教育施設整備事業を実施する。 23〜25年度
(4) 通学支援
通学対策事業 遠距離通学のため、バス・JR電車等を利用する児童生徒の定期券代について、一定額を超えた分を補助する。 23〜25年度
このページのトップへ戻る
■ 3.生涯にわたって学び、活かす機会をつくる
(1) 生涯学習拠点施設の充実
いきいき講座開設事業 各種講座・講演会・研修会等の企画・運営。 23〜25年度
社会教育施設整備事業 社会教育施設の大規模改修工事や、耐震診断・耐震補強工事を実施し、生涯学習拠点施設の充実を図る。 23〜25年度
(2) 生涯学習推進組織の育成強化
社会教育関係団体支援・育成事業 南丹市社会教育関係団体に対する補助金交付要綱に基づき、予算の範囲内において補助金を交付する。 23〜25年度
(3) スポーツ・レクリエーション施設の充実
社会体育施設整備事業 社会体育施設の大規模改修工事の実施 23〜25年度
体育施設利用促進事業 市民に運動と憩いの場を提供し、もって市民の健全な心身を育成し、スポーツを通じて親睦と相互理解を深めるため市立社会体育施設を設置・管理する。 23〜25年度
(4) スポーツ・レクリエーション活動の振興
いきいき健康事業
生涯スポーツ振興事業
青少年スポーツ育成事業
スポーツに親しむことによって市民の暮らしに活力や潤いを与え、健康増進にも寄与する。
スポーツ振興を通じた子どもの体力向上は必要不可欠であり、そのための各種事業を実施する。 
23〜25年度
青少年自然文化体験活動 市内在住の児童(障がいのある児童を含む)に対し、休日や長期休暇中に、広く地域の人たちや他の子どもたちと交流する中で、様々な体験ができる機会を提供する。  23〜25年度
(5) 文化芸術の振興
国民文化祭推進事業 「工芸」というものづくりに視点をあて、市内で活躍されている工芸家や文化団体、個人がそれぞれ取り組まれている活動を紹介する催しを開催するなど、市民レベルによる国民文化祭の開催に向けた取り組みを進めるとともに、「ものづくりのまち南丹市」を市内外へアピールする。 23年度
青少年活動事業
(ビートフェスティバル)
市内の小学校で学習している和太鼓サークル等が一堂に会し、日頃の練習の成果発表することにより、学校同士の連携や子どもたち等の交流を図る。
・和太鼓の発表会
23〜25年度
文化祭事業 文化活動の振興と各種文化団体の育成並びに郷土文化の向上を目指し、文化協会とともに文化祭を実施する。 23〜25年度
このページのトップへ戻る
■ 4.医・食・住の充実と高齢者や障がいのある人の自立を支援する
(1) 市民の健康づくりへの支援
健康づくり推進事業 命に係る心疾患・脳血管疾患等の生活習慣病の早期発見・予防のために、また、要介護の原因ともなるので、受診勧奨、悪化予防のためにも、メタボリックシンドロームに着目した検査・問診等を実施している。
重い肝臓病の原因となるB・C型ウイルス感染の早期発見のため検査を実施している。
健診の結果から個別・集団で健康教室・健康相談を開催し健康づくりの実施。食改協等地区組織への支援。
23〜25年度
母子保健事業 妊娠時に、母子健康手帳を発行し妊婦健康診査の無料券を配付、牛乳を支給する。(牛乳の支給は所得制限がある)母親教室を開催する。
出生後は、こんにちは赤ちゃん訪問を全出生児を対象に行い、必要に応じて保健師・栄養士等が経過訪問を実施する。乳幼児の健康診査を実施する。
23〜25年度
老人医療費支給事業 65歳以上70歳未満の方で、本人又は世帯の所得が一定の基準額以下の方を対象とし、かかった医療費の一部を助成する。  23〜25年度
(2) 地域医療の充実
地域医療・保健体制確保事業 ・公的医療機関の施設管理及び地域医療活動に対する支援
・市直営診療所(美山林健センター診療所)の運営
・医師等確保のための奨学金貸付け
23〜25年度
(3) 食育及び食の安全確保
学校給食共同調理場配送車購入事業 安心・安全の学校給食を継続するため、共同調理場配送車を計画的に更新する。 24年度
学校教育における食育の推進 各学校での安心で安全な学校給食の提供。
児童生徒(保護者)への「食」に関する指導。
給食関係者の衛生管理及び食育の推進。 
23〜25年度
有機農業・地産地消推進事業 地域循環による有機農業や地産地消活動への支援を行う。 23〜24年度
(4) 若者定住へ向けた住環境の整備
若者出あい応援事業 少子化対策の一環として、未婚・晩婚が進む中で結婚や子育てへの意欲の向上を図り、婚姻による市内への定住を促進するため、若者の出会いの場づくりを推進する。  23〜25年度
住宅管理事業 既存住宅の適切な維持管理を進める。 23〜25年度
住宅耐震事業 旧耐震基準の一般木造住宅に関し、耐震診断に係る経費の大部分を市が負担する制度を設けることにより、自宅の耐震強度に関する住民の不安を軽減するとともに、その結果を踏まえ対策を講じてもらうことにより、地域全体の震災時の被害軽減につなげる。 23〜25年度
単身者住宅建築支援事業 単身者向け住宅を整備しようとする事業体等に対して支援する。 24年度
(5) 高齢者が安心して暮らせる自立支援
家族介護者等支援事業
家族介護教室事業
家族介護者交流事業
介護用品支給事業
在宅介護支援事業
在宅で高齢者等を介護している方や介護に関心のある方を対象に、様々なテーマに基づいた介護教室や講演会等を開催するとともに参加者同士の交流を図る。
また、在宅において要介護4・5の高齢者の介護者で住民税非課税世帯を対象に、介護用品の購入費助成や寝たきり高齢者等の介護慰労金を支給する等の支援を行い、介護者の負担軽減を図る。
23〜25年度
介護相談員派遣事業 介護相談員養成研修を受講した相談員を施設サービス事業所に派遣し、利用者の要望や苦情等の聞き取りを行う。 23〜25年度
介護予防活動支援事業 各公民館及び隣保館において、手芸・陶芸・園芸・音楽・健康づくり体操等、介護予防として生きがいに繋がる場の提供と支援を実施する。 23〜25年度
緊急通報体制等整備事業 ひとり暮らし高齢者に対し、日常生活における不安解消と安全確保を図るため、緊急通報装置付電話機等を設置し、緊急時の連絡体制をつくる。 23〜25年度
高齢者等生活支援事業
外出支援サービス事業
軽度生活援助サービス事業
食の自立支援事業
訪問理美容サービス事業
在宅の高齢者が住み慣れた地域での自立した生活を送れるよう、日常生活上の支援等を行う。 23〜25年度
地域包括支援センター事業 包括的支援事業(介護予防ケアマネジメント業務、総合相談支援業務、権利擁護業務、包括的・継続的ケアマネジメント支援業務等)を一体的に実施する。 23〜25年度
(6) 障がいのある人が安心して暮らせる自立支援
障がい者グループホーム等整備支援事業 障がいのある人が住み慣れた地域での暮らしの支援、また、障がい者の親が亡き後の生活の場への支援について、障がいのある人が将来において安心して生活を営める環境づくりをするため、法人等において実施されるグループホーム等の施設整備に対する助成を行う。 23〜25年度
障がい者医療助成事業
自立支援医療給付事業
重度心身障害老人健康管理事業
福祉医療費支給事業
障がいのある人に必要な医療を提供するとともに、医療費の助成を行い、経済的負担の軽減を図る。 23〜25年度
障がい者等生活支援事業
介護給付事業
難病患者等居宅生活支援事業
日中一時支援事業・生活サポート事業
障がいのある人が、地域で安心して暮らせるよう、介護や訓練・補装具・日常生活支援等に必要なサービスを提供する。 23〜25年度
地域活動支援センター事業
相談支援事業
地域活動支援センター事業
障がいのある人等が地域の身近なところでいつでも通える場所を提供し、作業や社会交流等、障がいのある人の相談支援を行ない、自立と社会参加を支援する。 23〜25年度
発達支援センター運営事業 人とのかかわりに不安のある子どもや心身の発達に遅れのある子どもとその保護者に対し、一人ひとりに適した相談・支援、療育等の支援を行い、地域で安心して生活が送れるよう支援する。 23〜25年度
(7) 高齢者・障がいのある人の社会参加の促進
シルバー人材センター活動支援事業 高齢者の活動支援のために、高齢者に適した仕事を受注し、生きがい対策をもとに就業の機会を提供している(財)南丹市福祉シルバー人材センターに対して活動運営費を助成する。 23〜25年度
社会参加推進事業
ガイドヘルパー派遣事業
コミュニケーション支援事業
社会活動参加支援事業
屋外で移動が困難な障がいのある人の活動支援や、聴覚言語に障がいのある人のコミュニケーション支援を行ない、在宅で障がいのある人の社会参加を支援する。 23〜25年度
老人クラブ活動支援事業 老人クラブ活動の活性化を図り、高齢者の生きがいや健康づくりを推進するため、対象者団体の活動に対して助成する。 23〜25年度
(8) 安心と支え合いの仕組みづくり
過疎地有償運送支援事業 まちづくりの一環としての過疎地有償運送の具現化のため、地域交通について研修するとともに、住民組織等の発掘・育成を行い、NPO法人等が公共交通空白地域対策や公共交通を補完する過疎地有償運送ができる条例整備や助成制度を設け、運行実施を行う。 23〜25年度
高齢者等除雪対策事業 自力での除雪作業が困難な高齢者世帯等に対して、除雪に対する支援を行う。必須条件となる作業員確保のため、除雪事業者等を公募型で募集し、作業委託することで、高齢者世帯等への除雪支援を行う。 23〜25年度
心配ごと相談事業 各地域に相談場所を設け月1回相談事業を開催。その他、弁護士による法律相談を行う。 23〜25年度
成年後見人制度利用支援事業 高齢者本人の判断能力が不十分で、経済的・身体的に支援が必要な場合、成年後見人により擁護する「成年後見人制度」について、必要に応じ法的支援を図る。 23〜25年度
地域福祉推進事業 住民自らが福祉課題を克服する仕組みや活動を地域に根付かせるため、住民自らによる小地域ネットワーク活動や各サロン活動の支援を行う。 23〜25年度
このページのトップへ戻る
■ 5.ふるさとで働ける場をふやす
(1) 京都新光悦村の波及効果の拡大
京都新光悦村推進事業 京都府及び立地企業等の交流組織「京都新光悦村の会」と連携し、意見等を集約する中で、地元雇用の拡大やコンセプト実現に向けた仕組みづくりを進める。
京都府と連携し、伝統産業関係への広報を進めるとともに誘致を進めるため未分譲地等の管理を行う。
23〜25年度
(2) 工業用地の整備と企業誘致の推進
企業支援事業 地域の活性化を図るため、企業が進出しやすい環境を整備するとともに雇用に関しても市内からの雇用を奨励支援する。 23〜25年度
(3) 起業支援の推進
小規模企業支援事業 小規模企業者が経営安定のため資金融資を受けた場合の利子の補給及び信用保証料の助成を行う。 23年度
(4) 就労と定住のための支援
乳製品加工体験施設整備事業 美山地域の代表的な特産品である美山牛乳を用いた乳製品加工体験施設を建設して、都市住民が短時間で手軽に体験できるものとして「チーズづくり」「アイスクリームづくり」「ヨーグルトづくり」「プリンづくり」などのカリキュラムを用意する。 24年度
このページのトップへ戻る
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
定住・企画戦略課
TEL:0771-68-0003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ