森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

平成23年度実施計画書 第2章 自然・文化・人を活かした郷を創る

 
1.豊かな緑と清流を守る
2.資源が循環するまちをつくる
3.南丹ブランドの「ほんまもん」をつくる
4.ひとを温かく迎える
5.伝統文化を継承する
6.暮らしの安全と安心を守る
 
■ 1.豊かな緑と清流を守る
(1) 森林と河川
河川維持事業 市管理河川の浚渫や河川施設の維持管理を行う。また、河川環境の美化に伴う除草作業等を地域の協力を得て推進する。 24〜26年度
森林整備事業 緑の公共事業、南丹市良い森づくり事業、市行分収造林事業、間伐材出材奨励事業により、間伐・間伐材搬出・枝打・クマ剥ぎ被害防止等の助成を行い、森林の持つ多面的機能を十分に発揮させる森林整備を推進し、木材自給率の向上に寄与する。 24〜26年度
森林整備地域活動支援交付金事業 施業集約化の促進
作業路網の改良活動
24〜26年度
森林病害虫等駆除事業 森林病害虫等駆除事業(松くい虫防除事業)により、伐倒駆除、樹幹注入、被害木伐倒処理を実施。
とり戻そう京の里山復活事業により、人家裏、市道沿線のナラ枯れ被害木の除去。
24〜26年度
水産環境整備事業 漁業協同組合が実施する清流を守る取り組みに対し支援を行う。 24〜26年度
(2) 農地
農業関連計画事業 南丹市農業振興地域整備計画等の策定、見直し。
農業振興推進協議会の開催。
24〜26年度
農業情報提供事業 農林水産省が公表する生鮮食料品流通情報等をインターネットを介してオンラインにより提供する。 24〜26年度
農地・水・環境保全向上対策事業 農業者だけでなく非農業者を含めた幅広い活動組織を作り、農業施設の維持管理から自然や環境を守る地域活動を支援する。また環境にやさしい営農活動にも併せて支援する。
また、水路、農道等の土地改良施設の長寿命化に向け、修繕・改修の支援を行う。
24〜26年度
農地制度実施円滑化事業 農地の確保および有効利用を促進するため、農地法等の改正がされ農地の貸借規制見直しおよび利用集積事業の創設等が行われ、新たな事務が創設されました。
農地制度において重要な役割を果たしている農業委員会が従来事務に加え新たに担うこととなった事務を円滑に執行できるよう、必要な支援を行う。
24〜26年度
農地整備促進事業 面的整備を含めた、土地改良施設の総合的な整備を行う。 24〜26年度
農地保有合理化事業 農地保有合理化法人が規模を縮小する農家や離農する農家などから農地を買い入れ、もしくは借り入れて、一時保有した後、一定要件を満たした担い手農家に売り渡し、もしくは貸し付けを行う。 24〜26年度
(3) 身近な緑や環境美化
環境保全事業 監視パトロールの実施、水質検査等による環境監視を行う。 24〜26 年度
(4) 環境保全の行動支援
環境衛生事業 地域や市民との連携を図り、地域の環境美化及び衛生意識高揚のため指導・啓発を行う。
環境団体活動への支援を通して、地域の住み良い環境づくりや美しいまちづくりを推進する。
24〜26 年度
環境基本計画策定事業 南丹市環境基本計画、地球温暖化対策実行計画等の策定に伴う環境関係諸計画の実施及び進捗状況を評価し提言を行う。 24〜26 年度
環境基本計画重点プロジェクト推進事業 南丹市環境基本計画に基づく重点プロジェクトの検討及び推進を図る。 24〜26 年度
環境保全型農業直接支払事業 農業者が、化学肥料・農薬の使用の5割低減と併せて、緑肥栽培や冬季湛水等の地球温暖化防止や生物多様性の保全に効果のある農業技術の導入に対し、割り増し経費に当る部分について補てんを行う。 24〜26 年度
京都モデルフォレスト運動推進事業 農山村の過疎化・高齢化等による管理不十分な放置森林を解消するため、森づくり活動への参加等を希望する企業・大学・団体等にフィールドを斡旋し、企業等から人や資金の支援を受けて、植林や下刈、間伐など新たな森林整備の方向を見い出していく。 24〜26 年度
不法投棄監視・処理事業 監視パトロールを実施する。
地域や市民との連携を図り、不法投棄物の処理を行う。
24〜26 年度
(5) 景観保全のルールづくり
景観形成推進事業 多くの市民が誇りと感じている市域の優れた景観資産について、良好な形成と保全のための方針を具体化する市独自の景観条例や景観計画等を整備するとともに、市民とともに行う取り組みを検討する。 24〜26年度
(6) 森・里・街の景観保全
かやぶき屋根保存修理事業 美しい町並みと集落景観を守るため、南丹市美山町内に現存する北山型住宅のかやぶき屋根の葺き替え修理の一部を補助する。 24〜26 年度
絆の森整備事業 市有林内の森林整備(環境整備)下刈・除伐等の実施。 24〜26 年度
このページのトップへ戻る
■ 2.資源が循環するまちをつくる
(1) 省資源・リサイクルと衛生環境
3R推進事業 環境美化推進委員をはじめ、地域・市民との連携や、各種補助金の交付を通して、ごみのリサイクルや減量化、地域の住み良い環境づくりを行う。 24〜26 年度
一般廃棄物清掃事業 一般廃棄物の適正処理を進めるため、収集日程や分別収集、ごみ減量化等の啓発を行う。 24〜26 年度
(2) 環境にやさしい暮らし
市役所資源節減事業 電気、水道、ガスなど資源の使用を削減するとともに、リサイクルの推進など資源の有効活用を推進する。 24〜26 年度
(3) エネルギーの有効活用
地球温暖化対策事業 地球温暖化の防止、環境・資源問題に対応するため、電気自動車の普及やバイオマスの利活用などを進める。 24〜26 年度
八木農業関連施設管理事業 南丹市八木農村環境公園及び南丹市八木バイオエコロジーセンターの施設管理を委託により行う。施設管理に伴い必要な改修等を行う。 24〜26 年度
(4) 上水道
施設等修繕事業 浄水場並びに配水設備等の修理修繕により、上水道並びに簡易水道施設の機能維持による効率的な水運用と、安定給水の実現を図る。 24〜26 年度
水質検査事業 水道水に係る水質検査計画に基づき、上水道及び簡易水道の水質確認を日常的に実施する。 24〜26 年度
水道施設改良事業 配水管の改良を目的とする布設替を的確に実施し、良好な配水管網を維持すると共に、水道施設が他の公共事業の支障となる場合の移設を実施する必要がある。この布設替時に、耐震性を向上させた配水管等を整備することで、水道水の安定供給の実現を図る。 24〜26 年度
(5) 下水道
下水道施設管理事業 下水道施設の適正な維持管理により、現有施設を良好な状態に保ち、長期間にわたる有効活用を図る。 24〜26 年度
公共下水道建設事業 市民の衛生的で快適な暮らしを確保し、また環境を保全するため、下水道工事を実施する。 24〜26 年度
合併処理浄化槽整備推進事業
合併処理浄化槽維持管理事業
合併処理浄化槽設置事業
市民の衛生的で快適な暮らしを確保するとともに、市域の良好な環境を保全するために、合併処理浄化槽の設置や適正管理等を推進する。 24〜26 年度
このページのトップへ戻る
■ 3.南丹ブランドの「ほんまもん」をつくる
(1) 南丹ブランド生産者等への支援
ものづくりのまち推進事業 国民文化祭の取り組み効果を市民生活に根ざしたものにするため、ものづくりキャンペーンの実施や工芸に関する体験教室の実施などを推進し、「ほんまもん」をつくり活かす市民意識の醸成を行う。
さらに、それらの指導者として職人等の活躍の場や仕組みを作り、「ものづくりのまち南丹市」の実質の地域定着を図る。
24〜26 年度
京の水田農業総合対策事業 米作においては、環境や食味に配慮した水稲生産の推進と低コスト生産技術の普及を目的とした共同機械導入・実証事業に対し支援する。
水田を利用した小豆・黒大豆・地域対応作物においては、生産の推進と普及を目的とした共同機械導入・実証事業に対し支援する。
24〜26 年度
京野菜等価格補填事業 京のふるさと産品協会に加盟し、指定野菜等の価格下落時には補填を行い農業者を支援する。 24〜26 年度
京野菜等産地育成事業 京野菜(みず菜・壬生菜・春菊・九条ネギ等)の栽培のためのパイプハウス・生産機材導入等に対し支援する。 24〜26 年度
南丹地域資源循環型農畜産物生産モデル実証事業 京都府の委託を受け、循環型農畜産物生産のモデルとして実証を実施する。 24〜26 年度
(2) 南丹ブランドの販路拡大
特産物販売促進事業 こだわりの地域農産物・加工品の有利販売できる施設、交流の拠点に道の駅「京都新光悦村」等を位置づけ、効果的な管理運営を行う。 24〜26 年度
特別栽培認証制度推進事業 消費者ニーズに合わせた安全・安心な野菜づくりのための独自栽培基準によるブランド化によって、特色のある産地の形成を行う。その制度の普及活動、販売促進業務等を行う。 24〜26 年度
(3) 農業
水田農業推進事業 積極的に米の生産調整を推進するため、米の需要情報を地域農業再生協議会に提供し、配分単収を設定し認定方針作成者に通知する等を実施する。 24〜26 年度
畜産振興事業 府の補助を活用した畜産経営基盤及び施設整備支援。
市単独の畜産伝染病予防支援及び市内畜産経営地域間格差是正支援。
24〜26 年度
土づくり事業 南丹市内で生産される堆肥等を南丹市内で有効に利用した、安心・安全な農産物の生産を振興する。 24〜26 年度
農業委員会運営事業 農地の売買、貸借などの権利移動や農地転用に伴う農地法等の許認可業務を中心とした農地行政を行うとともに農家の生活や農地管理、農業経営などに関する日常の農家相談、地域、集落での問題、課題の解決、農政に対する意見、要望などの実現に努める農政活動を行う。 24〜26 年度
農業担い手支援事業
農業関係団体支援事業
農業制度資金利子助成事業
農業の担い手不足、農地の不耕作地等の課題を解消するため、認定農業者、農業法人、農業関連団体等を支援する。 24〜26 年度
(4) 林業
共済・担い手育成事業 林業労働者の福祉向上のため、次の事業により安定した社会保障を支援する。
・林業労働者新共済事業(林業退職金掛金の助成を行う)
・緑の担い手育成対策事業(森林組合の作業班が加入する社会保険掛金の助成を行う)
24〜26 年度
林道・作業道事業 流域単位での森林整備を促進するため、府営林道事業に対する負担金を支出する。
林道・作業道の維持修繕事業助成(事業主体:地元関係者)を行う。
林業作業道の新設事業助成(事業主体:地元関係者)
市直轄林道の維持修繕工事を行う。
24〜26 年度
(5) 野生鳥獣被害等への対策
捕獲獣利活用事業 有害鳥獣として捕獲されたシカを有効活用し、地域特産品としての普及・啓発活動に努める。 24〜26 年度
有害鳥獣捕獲対策事業 有害鳥獣直接捕獲対策として、市猟友会に捕獲を委託する。
捕獲班員の確保のため、狩猟免許資格取得に係る経費の一部を助成する。
24〜26 年度
有害鳥獣防除施設設置事業 農家組合等が事業主体となり実施する、有害鳥獣防除施設(電気柵・金網フェンス等)の設置に係る資材費の一部を助成する。
国の鳥獣害防止総合対策事業を活用し、市が事業主体となり防除施設の設置を実施する。
24〜26 年度
このページのトップへ戻る
■ 4.ひとを温かく迎える
(1) 観光ネットワーク
観光協会事業 観光地としての南丹市のレベルアップと知名度の向上を図り、観光ネットワーク体制を確立するため、市内の観光協会の運営及び事業実施を支援する。
4つの観光協会が実施している観光宣伝事業を南丹市全域として集約していくための南丹市観光協会ネットワーク(仮称)を設置する。
24〜26 年度
(2) 観光施設及び周辺整備
美山かやぶき美術館管理運営事業 美山地域における文化・美術情報の発信拠点施設であるかやぶき美術館の管理運営を、指定管理委託で実施する。
美山地域の特長であるかやぶき屋根の施設であり、周辺の景観環境整備と、魅力の向上のため、必要な修繕を行う。
24〜26 年度
美山町自然文化村推進事業 施設管理に係る委託料 24〜26 年度
(3) イベント運営
観光イベント振興事業 市民の地域への誇りや一体感を高め、観光客の集客による地域の活性化につなげるため、商工会や実行委員会が主催する観光イベントに対し支援を行う。 24〜26 年度
地域振興イベント開催支援事業 市民の参加・交流を促進するため、地域振興イベントを開催する実行委員会に補助金を交付し、市民の取り組みを支援する。
市民交流による一体感醸成と都市との交流による南丹市の魅力発信に繋がるイベントの企画・開催を支援。
24〜26 年度
(4) 情報発信とPR
観光宣伝事業 全国的に知名度があり、旧町の中でも先進的な観光地として事業を行ってきた美山のネットワークを活かしながら、「かやぶきの里・美山」のある南丹市として、美山を軸とした市域全体の観光資源のPRを行い、誘客を図る。 24〜26 年度
(5) 温泉の活用
スプリングスひよし管理運営推進事業 指定管理者の運営により、温泉・温水プール・体育館・レストラン・物販施設などを開設し、市民の健康増進と福祉の向上を図っている。また、日吉温泉として市外からも多くの観光客の来場があり、南丹市の観光拠点の一つとして観光振興を図っていく。 24〜26 年度
観光施設管理事業 温泉スタンドの維持管理等を行う。 24〜26 年度
(6) 観光漁業
内水面漁業振興対策事業 清流での釣りの観光入込客を増加させるとともに食材等の提供により観光振興を図るため、漁業協同組合が、アユ、アマゴ、ウナギなどの稚魚を放流し、水産資源の増殖を図る事業に対し支援する。 24〜26 年度
(7) 交流事業
山村留学事業 南丹市美山山村留学センター(四季の里)を核とし、都市の児童を対象として、異なる環境で育ち教育を受けた児童がともに共同生活を送ることにより、視野を広げ刺激しあい、切磋琢磨しながら自然環境の知識を深め、新しい感覚や考え方をお互いに学びあい、友情を育むことによって青少年の健全な育成を図る。 24〜26 年度
都市と農村との交流事業 全国の旅行会社と提携し、修学旅行と農村交流を組み合わせた独特のプランを提供して、修学旅行生を受け入れ、観光客の増加を図る。 24〜26 年度
このページのトップへ戻る
■ 5.伝統文化を継承する
(1) 歴史文化遺産の調査と保全
伝統文化継承事業
文化資料保全補助事業
埋蔵文化財調査事業
南丹市内の道路・ほ場整備等の工事に係る埋蔵文化財の発掘調査を行い、その保護を図る。
国・府指定文化財関係者及び未指定文化財関係者に対して文化資料の保全にかかる費用の一部を補助する。
24〜26 年度
(2) 歴史文化遺産の周知と活用
伝統文化活用事業
資料館展示事業
重伝建地区保存修理補助事業
重要文化財管理公開事業
南丹市美山の重伝建地区の保全支援のため、修理等の一部を補助する。
文化遺産の保全活用に資するため、「石田家住宅」の委託管理と公開を行う。
市内の民俗等に関する資料を収集し、保管・展示する。
24〜26 年度
このページのトップへ戻る
■ 6.暮らしの安全と安心を守る
(1) 治山・治水
河川改修事業 準用河川板野川 
工事延長 : L=1,800m 
築堤護岸 : A=12,900� 
橋梁工 : 5基(道路橋4基、JR橋1基) 
全体事業費 : 1,900,000千円
24〜26 年度
(2) 防災体制
災害時要援護者台帳整備事業 災害時要援護者対策として、「南丹市たすけあいネットワーク制度」を創設し、具体的な取り組みとして台帳・マップを作成し、南丹市内の消防署、消防団、警察署、社会福祉協議会、民生児童委員、地域自治区へ配備する。
要援護者の支援体制の整備を図る。
24〜26 年度
住宅耐震化事業 旧耐震基準の一般木造住宅に関し、耐震診断に係る経費の大部分を市が負担する制度を設けることにより、自宅の耐震強度に関する住民の不安を軽減するとともに、その結果を踏まえ対策を講じてもらうことにより、地域全体の震災時の被害軽減につなげる。 24〜26 年度
防災訓練事業 大規模災害発生時における防災活動の円滑な実施を期するため、市民の自主防災体制の確立に重点を置き、市民の主体的な参加により、応急対策活動の充実強化及び自主防災意識の徹底が図られる訓練を実施する。 25年度
防災推進事業 災害時防災用備蓄品の購入と防災パトロールの実施。 24〜26 年度
(3) 防災情報システムと防災設備
消防施設等整備補助事業 自主防災の推進を図るため、各地域の消防施設及び機械器具の整備拡充に要する経費の一部を南丹市消防施設等整備補助金交付要綱に基づき補助する。 24〜26 年度
消防資機材・消防水利整備事業 地域防災体制を強化し、消防力の向上を目的に小型動力消防ポンプ、ポンプ自動車、ポンプ積載車等の消防等資機材等、活動期間が一定経過したものから更新する。 24〜26 年度
防災ハザードマップ作成事業 南丹市内の地震災害、水害、土砂災害などを対象とした区域を地図上に明記し、避難行動時の活用、災害学習、防災情報の整理などの活用目的に応じて利用できるようマップを作成する。 25年度
防災行政無線整備事業 防災情報、災害時の情報及び一般行政情報等の伝達を迅速に行うため、デジタル防災行政無線施設を整備する。また、全国瞬時警報システム(J-ALERT)を防災行政無線に接続し、緊急地震速報や弾道ミサイル情報等の時間的余裕のない緊急情報を市民に瞬時に伝達する。 24年度
(5) 防犯対策
防犯・暴力追放等取組支援事業 公衆防犯灯の新設や、防犯・暴力の追放における各団体の取り組みを支援する。 24〜26 年度
(6) 消費者保護
消費生活啓発事業 消費者被害に対応するため、専門相談員を配置し消費者相談を実施する。
身近な相談場所とするため、本庁だけでなく各支所に相談窓口を置き対応する。担当職員の対応能力向上のため研修に参加する。
消費者被害を未然防止するため、チラシ等による啓発を行う。
24〜26 年度
(7) 交通安全
管理台帳整備費(道路台帳) 道路台帳の統一化に向けたシステム構築を行い、現況道路台帳図面並びに調書等をシステムに反映させる。 24〜26 年度
交通安全推進事業 小・中学生の通学時等における交通指導(毎月1日・15日)を行う。 24〜26 年度
除雪機械購入事業 積雪観測員(6箇所)の配置により、積雪深が概ね10�以上の場合に、除雪計画で定められた路線について作業を実施する。雪寒地域における道路の通行確保のため、除雪ドーザ車両を計画的に購入する。 24〜26 年度
このページのトップへ戻る
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
定住・企画戦略課
TEL:0771-68-0003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ