森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

平成23年度実施計画書 第3章 人・物・情報を高度につなげる

 
1.高速移動の網を広げる
2.鉄道をさらに便利にする
3.安全で快適な主要道路でつなぐ
4.誰もが安心な地域交通システムをつくる
5.双方向の情報通信基盤をつくる
6.にぎわいの市街地をつくる
 
■ 1.高速移動の網を広げる
(1) 広域アクセスの強化
広域アクセス道推進事業 鉄道及び道路の利便性向上、アクセス強化に向け、近隣及び関係市町村との広域連携により、国・府に対して要望活動等を実施する。 24〜26年度
このページのトップへ戻る
■ 2.鉄道をさらに便利にする
(1) JR山陰本線の複線化
JR山陰本線利用促進事業 JRの広報媒体を活用して、南丹市の観光PRを継続的に行う。 24〜26年度
(2) 鉄道を活かしたまちづくり
駅周辺整備・管理維持事業 園部駅周辺の都市施設等(西口広場・西口公衆便所・西口及び東口エレベ−タ−・自由通路)の維持管理を行うとともに、駐輪場施設(園部駅西口自転車等駐車場・八木駅前駐輪場)の維持管理及び施設利用者の受付精算業務を行う。 24〜26年度
このページのトップへ戻る
■ 3.安全で快適な主要道路でつなぐ
(1) 広域幹線道路
広域幹線道路整備促進事業 国道の危険箇所等未整備区間について早期整備による機能強化を図るため、関係市町で組織する整備促進協議会等により結束して整備促進を国・府に対し要請していく。 24〜26年度
(2) 地域幹線道路
都市計画街路事業 市街地の活性化や利便性の機能向上を図るとともに、公共機関への接続道路として整備促進する。
 ・上本町佛大線外1線
 ・内環状線
 ・八木環状線
 ・美園栄町線
24〜26年度
道路新設改良事業 府道及び幹線市道については市域の一体性を確保するため、利便性の向上と災害に強い道づくりを進める。
また、その他の市道については生活道路としての利便性、安全性の確保に向けて、地域の実情に応じた整備を進める。
・道路改良     16路線
・舗装改良      6路線
・橋梁改良      5橋梁
・自然災害防止   1路線
24〜26年度
(3) 安全で快適な道づくり
道路・橋梁維持管理事業 市管理道路の維持管理は、道路付属施設も含め緊急度・通行量等を考慮して、優先順位を検討し計画的に実施する。また、除雪については道路除雪計画に基づき、管内の幹線道路の除雪及び融雪剤散布を行う。 24〜26年度
このページのトップへ戻る
■ 4.誰もが安心な地域交通システムをつくる
(1) バス交通
バス運行事業
スクールバス運行事業
市営バス運行事業
生活路線バス運行事業
生活交通確保のためバス運行及び委託を行う。また、民間事業者のバス運行継続のため補助を行う。
小中学生の通学のためのスクールバスを運行する。
24〜26年度
このページのトップへ戻る
■ 5.双方向の情報通信基盤をつくる
(1) 情報基盤
地域情報通信基盤整備事業 全域の光ファイバーケーブル網の完成を基礎に、市民の豊かな暮らしを支える充実した公共情報サービスを実現していく。 24〜26年度
(2) 情報提供
情報提供推進事業 CATV自主制作番組及びホームページによる番組の動画配信を充実させる。
その他CATVネットワークを活用した情報提供サービスを行う。
地域情報化計画の策定及び見直しを行う。
24〜26年度
(3) 情報環境
情報リテラシー推進事業 パソコン講習会の実施等を行い、情報通信ネットワークの利活用を推進する。 24〜26年度
このページのトップへ戻る
■ 6.にぎわいの市街地をつくる
(1) 都市計画
都市計画策定事業 生産緑地地区の変更等、都市計画決定の変更に係る業務を進める。 24〜26年度
(2) 商業
経営改善普及事業 商工会員である、地元小規模商工業者の経営の安定化と振興を図るため、商工会の行う経営改善普及活動に対して支援する。 24〜26年度
商工振興助成事業 商店街の現状を詳細に分析し、今後の商店街の振興策を計画立案するため、商工会が行う研究事業に対し支援する。 24〜26年度
商店街活性化研究等事業 地域の魅力を発信する「商店街ならでは」の取組を支援する。 24〜26年度
中心市街地活性化事業 都市計画のまちづくり事業と連携し中心市街地の再生に取り組む事で、都市機能と経済の拡大再生産し、にぎわいの市街地を実現する。 24〜26年度
(3) 地域の核となる市街地整備と定住促進
浸水対策施設管理事業 調整池の治水機能維持のために、長年堆積した土砂の浚渫を実施する。 24〜26年度
土地区画整理事業 中心市街地の再整備を街路事業と一体的に進め、公益機能整備、既存商店街の集約等により中心市街地の再生に努める。また、JR駅周辺の新たな市街地整備推進により、雇用の創出、定住人口の増加を図る。
 ・本町土地区画整理事業A=2.5ha
 ・内林町土地区画整理事業A=23.0ha
 ・吉富駅西土地区画整理事業A=22.8ha
 ・八木駅西土地区画整理事業A=10.5ha
24〜26年度
(4) 身近な公園緑地
都市計画公園事業 都市計画における公園は、住民の屋外における休息や観賞、遊戯、運動その他レクリエーション用に供する住民の憩いの場である。施設管理、樹木管理、雑木草等の維持管理を行い都市環境の保全を総合的に進める。 24〜26年度
このページのトップへ戻る
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
定住・企画戦略課
TEL:0771-68-0003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ