森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー 本文のみプリント

市議会とは

議場イメージ

◇ 市議会とは
わたしたちの南丹市を住みよい安心して暮らせるまちにするためには、市民一人一人が考え、話し合い、解決していくことが必要です。しかし、全ての市民が集まって議論することは現実には困難です。
そこで、選挙によって市民の中から代表者を選び、その代表者によって市議会が構成され、市の政策や方針について議論し決定しています。 
 
◇ 市議会と市長
 市議会は、条例の制定や予算の決定など市民生活に関わる重要なことを決める議決機関です。一方、市長は執行機関として議会の決定に基づいて実際に事業を進めていきます。
市議会と市長は,市政を進めていく「車の両輪」です。対などであり、上下関係はありません。お互いの立場を十分尊重し、市民生活の向上に努めています。 
 
◇ 請願・陳情
市政に関することについて、市民のみなさんが直接市議会に要望できる制度として、請願と陳情があります。どちらも常時、受付けていますが各定例会前の議会運営委員会開催日の前日までに受理したものについては、その定例会で審査または配布を行い、それ以降に受理したものは、次の定例会で審査または配布を行うこととなっています。
※どちらも議長あてに文書で提出してください。
 ●請願
提出された請願は、その内容により関係する委員会で審査されます。審査の結果、採択されると市議会では、関係機関に意見書などを提出したりして、その実現に努力するよう求めます。
※請願書には邦文を用い、請願の趣旨、提出年月日、請願者の住所および氏名(法人の場合はその名称および代表者の氏名)を記載し、押印してください。
※請願には、1名以上の紹介議員が必要です。議員の紹介がないものは、名称に関わらず陳情・要望として扱います。
※所管の委員は原則として、紹介議員にはなれません。
●陳情(要望)
陳情(要望)書はその写しを全議員に配付し、今後の議案審査などの参考としています。陳情(要望)には紹介議員は必要ありません。
 
◇ 傍聴案内
 ●本会議
本会議は公開されており、誰でもその様子を傍聴することができます。傍聴は、市議会活動に触れる最も身近な方法です。また、自分の選んだ議員がどのような活動をしているかを見られる場でもあります。傍聴される場合は、傍聴受付簿に住所、氏名、年齢をご記入いただくだけです。ぜひ傍聴にお越しください。

※入場数には限りがありますので、団体で傍聴を希望されるときは、事前に確認をお願いします。
※定例会は3・6・9・12月の4回の予定です。 (南丹市議会で決定されます)
※臨時会は、必要に応じて開催されます。
●委員会
委員会の傍聴については、それぞれの委員長の許可が必要ですので、あらかじめ議会事務局までご連絡ください。

傍聴席イメージ

添付資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
議会事務局
TEL:0771-68-0059

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ