森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

南丹市地球温暖化ガス削減量算定業務

 
 平成9年度の南丹市八木バイオエコロジー(YBEC)稼動以来、南丹市では地域の家畜排せつ物や食品廃棄物といったバイオマスの循環型利用を進めています。
 本施設では家畜排せつ物処理をメタン発酵させることで「バイオガス」を発生させ、発電を行っております。
 また、施設で製造しているたい肥や液肥は近隣の農地へ散布し、有機肥料として農家の皆様に利用ただいています。
 「南丹市地球温暖化ガス削減量算定業務」では、本施設に原料を受け入れている畜産農家や食品工場、たい肥や液肥を利用する耕種農家、地域社会への効果など本施設の活動に関する様々な要因を検討し、バイオマス利活用システム全体で温室効果ガス排出削減量の算定と費用対効果の分析を行っています。
 
平成22年度「南丹市地球温暖化ガス削減量算定業務」報告書、排出権取引検討について(PDF形式・4.56MB)
温室効果ガス排出削減量算定表(PDF形式・49KB)
YBEC費用対効果分析シート(PDF形式・107KB)
排出権取引関係資料(PDF形式・1.14MB)
YBECシステムにかかる排出量取引の国内統合市場への参画戦略の検討(PDF形式・113KB)
● 南丹市八木バイオエコロジーセンター(YBEC)パンフレット
  表紙/裏表紙(PDF形式・310KB)
  2ページから3ページ(PDF形式・367KB)
  4ページから5ページ(PDF形式・736KB)
  6ページから8ページ(PDF形式・454KB)
  9ページから11ページ(PDF形式・1.12MB)
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
農政課
TEL:0771-68-0060

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ