森・里・街・ひとがきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

Q38:農作業での公道使用について

ご質問

Q 農作業での公道使用について

 農作業での公道使用に関して、特に春や秋の水稲作業の忙繁期の思うのですが余りにも泥や土の塊を落とし平気で放置しすぎではないでしょうか。大きな圃場で一々移動の際に面倒なのかもしれませんが、農道ならともかく市道府道の公道では気を使うべきではありませんか。泥汚れのタイヤ痕程度は然程問題にはなりませんが、土塊や泥はバイクなどには非常に危険な存在となります。
 万が一事故が起これば誰の責任になりますか、一雨で流れてしまう様な物が原因で事故になった場合証拠も残らず当事者の泣寝入りになりかねません。そこでお伺いしますが、今までに他の県や市のように当農業委員会はこのような事は把握しておられますか、圃場から出る場合の注意などされたことはありますか。今後対応されるかどうかお答え頂きたいと思います。

A 
この度は貴重なご意見を頂きありがとうございます。

 ご指摘のように、車道や歩道に落ちた泥の塊は、自動車だけでなく、歩行者やバイク、自転車、車いすなどの通行の妨げになり大変危険です。
 事故防止のため、市のホームページにて注意喚起の記事を掲載いたしました。今後は農繁期などに広報誌にも注意喚起を掲載することも検討してまいります。

【農政課】

お問い合わせ
秘書広報課
TEL:0771-68-0065

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ