森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

さまざまな「ものづくり」で雇用の促進と産業振興を

 新年明けまして、おめでとうございます。
 新しい年を、ご家族おそろいで、お元気でお迎えになられましたことと心からお慶びを申し上げます。
 旧年中は、市民の皆様には、市政運営に対しそれぞれのお立場から格別にお世話になりましたことに対し、まずもって心から厚くお礼を申し上げます。

 昨年10月29日から11月6日までの9日間に渡り開催いたしました第26回国民文化祭・京都2011におきましては、市民の皆様方のご理解とご協力によりまして、成功裏に終えることができましたことを、改めて厚くお礼を申し上げます。

 本年4月には、新たに京都美術工芸大学が開校されると聞いております。
 大学などとの連携をより一層図りながら、工芸によるものづくりはもちろん、農林水産業によるものづくりや誘致企業によるさまざまなものづくりを推進し、雇用の促進、産業振興につなげていきたいと考えています。

 さて、東日本大震災では甚大な被害が発生いたしました。
 本市といたしましては、国や府と調整を図りながら、早期に地域防災計画・原子力発電所防災対策編を策定し、市民の皆様が安心して暮らしていただける体制を整えていきたいと考えています。
 また、全国的に人口減少と少子化が進む中にあっては、将来を担う子どもたちが、豊かな学びを通してたくましく生きる力を育むことができるよう、学校教育環境の整備を進めるとともに、南丹市の特性を生かした中学校給食の全校実施に向け、取り組みを進めていきたいと考えています。

 この他にも、人権啓発活動の推進と学習機会の充実、市営バスやデマンドバスなど南丹市にあったより良い公共交通の実現、また人にも環境にもやさしい取り組みなど課題はたくさんありますが、市民協働をより一層推進していく中で対応していきたいと考えています。

 社会経済情勢の大変厳しい時代ではありますが、新しい年が南丹市にとって明るい年となりますこと、また市民の皆様にとりまして、幸多い年となりますようご祈念を申し上げますとともに、市政の推進につきまして、市民の皆様の、格別のご協力と、積極的なご参画をお願い申し上げ、新年にあたりましてのごあいさつといたします。
 

平成24年1月

お問い合わせ
情報政策課
TEL:0771-68-0065

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?



▲ ページの先頭へ