森・里・街がきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

平成28年 新年のご挨拶

佐々木 稔納  市長

~定住促進と住みやすいまちの実現を~

 

 新年明けまして、おめでとうございます。
 新しい年を、ご家族おそろいで、お元気でお迎えになられましたことと心からお慶び申し上げます。
 旧年中は、市政の推進に対し、それぞれのお立場からお世話になりましたことに、心から厚くお礼を申し上げます。

 さて、南丹市は本年1月1日で、市制施行10周年を迎えました。
 市の財政は大変厳しい状況ではありますが、健全化に向けた取り組みにより、ようやく起債発行の制約を受けない状態にすることができました。これもひとえに、市民の皆様のご理解とご協力のおかげと、感謝いたすところです。

 人口減少・超高齢化社会を迎え、今後ますます厳しい状況が予想されますが、南丹市には居住環境としての「選択肢の多さ」があります。
 どの地域においても下水道などが整備されるとともに、昨今の情報化社会では欠かすことができない通信基盤としての光ファイバー網が全域に整備されるなど、整った住環境基盤に加え、京都市や大阪へのアクセスが便利な住宅地としての一面から、自然豊かで都会とは対照的な一面を持った地域などがあり、それぞれ地域の個性を生かした住環境を提供することができます。

 今後は、それらの特徴を生かしながら、雇用の創出や子どもを安心して産み育てられるさまざまな施策を組み合わせる中で定住促進を積極的に進めるとともに、「住みやすいまち」「南丹市に住んで良かったと実感できるまち」の実現に向け、市民の皆様と手を携え、知恵を出し合いながら、共に汗をかいてまい進してまいりたいと考えておりますので、より一層のお力添えを賜りますことをお願い申し上げます。

 また、今春には美山町、日吉町を中心とした由良川・桂川上中流域の国定公園の指定が予定されており、南丹市の貴重な自然と文化が全国から注目されることになります。
 さらに、秋には第40回全国育樹祭の式典行事が京都府立府民の森ひよしで開催されることとなっており、全国各地から約5千人もの方が、ここ南丹市にお越しになります。
 この機会を捉え、南丹市を全国に発信していくとともに、地域振興、地域産業の振興につなげてまいりたいと考えておりますので、より一層のお力添えを賜りますことをお願い申し上げます。

 結びにあたり、新しい年が皆様にとって幸多い年でありますよう心からご祈念を申し上げ、新年に当たりましてのご挨拶とします。 

 

平成28年1月

    お問い合わせ
    情報政策課
    TEL:0771-68-0065

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?



    ▲ ページの先頭へ