森・里・街・ひとがきらめく ふるさと「南丹市」
メニュー
本文のみプリント

平成30年 新年のご挨拶

佐々木 稔納  市長

住み続けたいまち・住んでみたいまちの実現に向けて

 

 新年明けまして、おめでとうございます。
 新しい年を、ご家族おそろいで、お元気でお迎えになられましたことと心からお慶び申し上げます。
 旧年中は、市政の推進に対し、それぞれのお立場から格別のご理解ご協力を賜りましたことに、心から厚くお礼を申し上げます。
 合併後の厳しい財政状況の下、財政の健全化を確保しながら各種施策を推進することができましたことは、市民の皆様のご理解とご協力によるものと感謝申し上げる次第であります。
 
 さて、昨年10月には台風21号による大きな被害が発生しました。 
 被災された皆様に、心からお見舞い申し上げますとともに、災害復旧にご協力いただきました多くの皆さんに改めてお礼申し上げます。
 市といたしましても、一日も早い復旧を最優先に、国・府をはじめ関係機関と連携して取り組んで参ります。
  
 人口減少や少子高齢化による人口構造の変化が我が国の将来に向けた問題となっていますが、南丹市においても例外ではなく、経済活動やコミュニティ活動などの減退が危惧されており、喫緊に対応すべき課題として「南丹市地域創生戦略」に基づく様々な施策に取り組んでいるところです。 
 そうした中、特に本年は南丹市発足以来、まちづくりの指針として参りました「南丹市総合振興計画」の期間が終了します。今日まで、計画に掲げた目標の実現に向けて様々な取り組みを進め、南丹市の礎は築けたものと考えております。新年度となる4月からは、今日までの計画を引き継ぎながらも、新たなまちづくりに挑戦するための「第2次南丹市総合振興計画」がスタートする節目であり、飛躍の年であります。  
 新たな計画では、「定住促進」を重点テーマに8つのまちづくりの基本方針を定め、地域課題の解決と地域振興に向けた取り組みをさらに進めながら、南丹市の魅力や特性を十分に生かしたまちづくりを進めて参りたいと考えております。
 
 南丹市の目指すべき将来像である「森・里・街・ひとがきらめく ふるさと 南丹市」を実現するため、今後とも市民の皆様と手を携え、知恵を出し合いながら努力して参りますので、南丹市の発展に向けて、より一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

 結びにあたり、新しい年が皆様にとって幸多い年でありますようご祈念を申し上げ、新年のご挨拶とします。

 

平成30年1月

    お問い合わせ
    情報政策課
    TEL:0771-68-0065

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?



    ▲ ページの先頭へ