ロシアによるウクライナへの侵略に対する抗議声明について

 ロシアによるウクライナへの侵略に対して、南丹市長と南丹市議会議長の連名で抗議声明を発表しました。

【ロシアによるウクライナへの侵略に対する抗議声明】

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、我が国を含む国際社会が強く自制を求める中、本年2月24日に始まった。
 この行為は、力による一方的な現状変更を認めないとの国際秩序の根幹を揺るがすもので、ウクライナの主権と領土の一体性を侵害する明白な国際法・国連憲章違反であり、断じて容認できるものではない。
 ロシアによるウクライナへの侵略に対し、強く抗議するとともに、ロシア軍の即時撤収と国際法の遵守を強く求める。
 世界の恒久平和の実現に向け、関係各国と国際社会が緊密な連携のもと厳格かつ適切な対応が講じられることを強く願うものである。

 令和4年3月14日

     南丹市長  西村 良平

     南丹市議会議長  前田 義明 

お問い合わせ

総務課
TEL:0771-68-0002