生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)の実施について

 令和4年12月1日を基準日として厚生労働省が実施する「生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)」を南丹市園部町の一部の地域で実施します。
 この調査は、障害者施策の推進に向けた検討の基礎資料とするための生活実態とニーズを把握する目的の調査です。全国5,363地区の対象地区を抽出して、調査員が地区内の全世帯を訪問し、その中で調査対象となる方(障害児者など)に調査票を配布します。記入いただいた調査票の回収は郵送により京都府を通じて厚生労働省が回収します。
 南丹市では、調査対象地区の全世帯に令和4年11月22日に「調査実施のお知らせ」を配布して、調査の説明と調査員の訪問日をお知らせしています。障がいのある方など調査対象者に当てはまる方がない世帯につきましても、調査員が訪問して世帯主名と世帯の人数を聞き取る調査になっています。
 今回の調査目的をご理解の上、対象地区の方につきましては調査にご協力をいただきますようお願いします。

■調査訪問日:令和4年12月6日(火)~8日(木)の3日間
■調査員:南丹市役所社会福祉課の職員
■調査対象地区:南丹市園部町の一部の地域(対象世帯には「調査実施のお知らせ」をポストに配布しています)

 なお、この度の調査では、訪問調査時に世帯主名と世帯の人数を聞き取りますが、書類などの提出をいただくものではありません。市役所や官公庁を語る詐欺にご注意ください。 

Acrobat Readerをダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

社会福祉課
TEL:0771-68-0007