生活の福祉

生活保護

 生活保護は、憲法の理念に基づき生活に困っている方に対して、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、その世帯の自立を助長する制度です。病気・失業などのために、日常生活が困難となり資産・各種援助制度などを活用しても最低限度の生活を維持することができない世帯に、健康で文化的な生活ができるように援助を行います。
 生活保護を受けるには、自分の収入、資産、各種援助制度などを活用しても最低限度の生活を維持できないときに、その方に必要な金銭や物品を支給します。

生活保護の種類
保護の種類 保護の範囲
生活扶助 衣食その他、日常生活に必要な費用 (飲食物、光熱、衣料、寝具、移送費など)
教育扶助 義務教育に必要な費用 (教科書、学用品など)
住宅扶助 家賃、地代、住宅の維持・補修に必要な費用
医療扶助 診療、治療費、薬代など、病気の治療などに必要な費用
介護扶助 介護などに必要な費用
生活保護を申請したい方へ

 生活保護の申請は国民の権利です。
 生活保護を必要とする可能性はどなたにもあるものです。
 ためらわずにご相談ください。

問い合わせ先

社会福祉課 TEL:0771-68-0007

各支所 総務課
(八木)TEL:0771-68-0020
(日吉)TEL:0771-68-0030
(美山)TEL:0771-68-0040

生活困窮者自立相談支援事業

 生活困窮者自立相談支援事業では、生活に困窮する方やご家族からの相談に応じ、それぞれの状況に応じた自立支援プランを作成して、家計改善や就労などの課題解決に向けて支援します。
 ほかにも、日常生活の困りごとや各種制度の手続きに関するご相談に応じますので、まずは、ご連絡ください。

相談受付窓口

南丹市社会福祉協議会 生活相談センター
TEL:0771-72-3020

住居確保給付金

 住居確保給付金は、失業や休業によって賃貸住宅の家賃を支払えなくなったとき、家賃相当額を支給し、住環境を整えることによって、生活を支援する制度です。
 今回、新型コロナウィルス感染症の拡大防止に伴う経済活動への影響を受けて、収入が減少した世帯も住居確保給付金の支給対象になりました。
 支給要件がありますので、まずは、ご相談ください。

相談受付窓口

南丹市社会福祉協議会 生活相談センター
TEL:0771-72-3020

生活福祉資金貸付

 低所得世帯や、高齢者、障がい者のいる世帯を対象に、安定した生活を送れるようにすることを目的として、社会福祉協議会が窓口となって資金の貸付を行います。

総合支援資金
資金の種類 資金の内容
生活支援金 生活再建までの間の生活資金
住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な資金
一時生活再建費 生活再建に必要な一時的な経費
福祉資金
資金の種類 資金の内容
福祉費 生業、技能習得、住宅、福祉用具購入、障害者自動車購入、中国残留邦人年金追及、療養、介護等、災害援護、冠婚葬祭、転宅、支度、一般福祉に必要な経費
緊急小口資金 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に必要な経費
教育支援資金
資金の種類 資金の内容
教育支援費 高校、大学または高専に修学するために必要な経費
就学支援費 高校、大学または高専への入学に際し、必要な経費
相談受付窓口

南丹市社会福祉協議会 生活相談センター
TEL:0771-72-3020

その他福祉関係制度

技能修得資金

経済的な理由により技能取得が困難な方が、各種学校や訓練校で技能を修得する場合、入所支度金を支給します。

高校生給付型奨学金

低所得の母子・父子世帯などの高校生に対し、入学支度金や修学支援金(学用品費)などを支給します。

問い合わせ先

福祉相談課
TEL:0771-68-0023

各支所 総務課
(八木)TEL:0771-68-0020
(日吉)TEL:0771-68-0030
(美山)TEL:0771-68-0040

Acrobat Readerをダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉相談課
TEL:0771-68-0023