新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のご案内

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、経済活動が大きく制限されて収入が減少した方を対象に、社会福祉協議会が生活福祉資金特例貸付(緊急小口資金、総合支援資金)を実施してきました。
 このたび、総合支援資金の再貸付まで利用されるなど、これ以上、特例貸付を利用できない状況になったにもかかわらず、なお経済的に困窮されている世帯を対象に、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給申請を受け付けることになりましたので、次のとおり、ご案内します。

〇支給対象者
 社会福祉協議会の総合支援資金の再貸付まで利用された方、または、再貸付を申し込んだものの貸付を受けられなかった方であり、なおかつ、次の「1」から「3」まで当てはまる方
1世帯の月収が、住民税均等割非課税となる年収の1/12の額に生活保護の住宅扶助基準額を足した額以下であること
2世帯の預貯金額が、住民税均等割非課税となる年収の1/2の額の6倍以下であること
3ハローワークへ求職申込み手続きをして、求職活動に取り組んでいること

〇支給額
単身世帯    月額60,000円
2人世帯    月額80,000円
3人以上世帯 月額100,000円

〇支給期間  支給決定から3ヵ月間

〇受付期限  令和3年11月30日(火)

問合せ先  福祉相談課 TEL(0771)68-0023

お問い合わせ

福祉相談課
TEL:0771-68-0023