要介護認定を受けた方の障害者控除

所得税・住民税の申告の際、身体障害者手帳や療育手帳をお持ちでなくても、65歳以上の方で、「寝たきり状態にある高齢者」、「認知症のある高齢者」など、一定の要件に該当する場合は障害者控除(特別障害者控除)の対象となる場合があります。控除を受けるには、申請により、「障害者控除対象者認定書」の交付を受け、毎年申告の際に提示していただく必要があります。

<対象者> 南丹市内在住の65歳以上の方で、次のいずれかに該当する方
区分 認定要件
障がい者 身体障がいの程度の等級表(3級~6級)に準ずる障がいがあること
知的障がいの程度の判定基準(軽度・中度)に準ずる障がいがあること
特別障がい者 身体障がいの程度の等級表(1級、2級)に準ずる障がいがあること
知的障がいの程度の判定基準(重度)に準ずる障がいがあること
寝たきりの状態にあること

控除対象者の認定は、介護保険の要介護認定申請時の主治医意見書、認定調査票により市が判断します。
「障害者控除対象者認定書」は高齢福祉課または各支所の窓口で申請してください。審査の上、後日郵送で交付します。

Acrobat Readerをダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

高齢福祉課
TEL:0771-68-0006