新型コロナウイルス感染症の影響に伴う介護保険料の減免について

 主たる生計維持者の方が新型コロナウイルス感染症の影響により、収入の減少等、一定の条件に該当する介護保険の被保険者(65歳以上)は、申請により保険料の減免を受けることができます。

減免の対象となる方

新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った方

保険料を全額免除

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少する見込みのある方

要件

 主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」といいます。)が、次の要件のどちらにも該当する方が対象となります。

  1. 事業収入等のいずれかが、令和2年に比べて10分の3以上減少する見込みがあること
  2. 収入減少した事業収入等の所得以外の令和2年の所得の合計額が400万円以下であること
保険料の減免額

【表1】で算出した減免対象保険料額に、【表2】の令和2年度の合計所得金額の区分に応じた減免割合を乗じて得た額

 保険料の減免額 = 減免対象保険料額(A×B/C)× 減免割合(D)

【表1】減免対象保険料額(A×B/C)
当該被保険者の保険料額
主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる令和2年度の所得額
主たる生計維持者の令和2年度の合計所得額
【表2】減免割合(D)
主たる生計維持者の令和2年度の所得の合計額 減免割合(D)
210万円以下であるとき 全部(10分の10)
210万円を超えるとき 10分の8
※上記に関わらず、主たる生計維持者が事業等の廃止や失業をした場合 ※全部(10分の10)

減免の対象期間

 ・令和2年度末に資格を取得したことなどにより令和3年4月以降に納期限が設定されている令
  和2年度相当分の保険料
 ・令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限の設定されている令和3年度の保
  険料

必要書類
  • 減免申請書
  • 確定申告書(控)や源泉徴収票、給与明細書など主たる生計維持者が新型コロナウイルス感染症の影響により減少した収入状況(令和3年)が確認できる書類
  • 医師の死亡診断書(死亡の場合)、医師の診断書(重篤な傷病を負った場合)

その他状況がわかる資料が必要となる場合があります。

申請方法

 申請書等をダウンロード後に印刷し、必要事項を記入の上、添付書類と一緒に提出してください。
 申請は高齢福祉課または各支所総務課で受付ができます。
 なお、介護保険料の減免申請は、被保険者ごとに申請書の提出が必要です。

Acrobat Readerをダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

高齢福祉課
TEL:0771-68-0006