介護保険料等(年金による特別徴収分)の徴収金額誤りの発生概要と今後の対応について

 令和4年8月に年金からの天引きで徴収(以下「年金特徴」という。)した保険料等について、システムの操作誤りにより、同一のシステムで徴収を行っている介護保険料(3,273人)、国民健康保険税(55人)、後期高齢者医療保険料(1人)について、合計3,329人に影響が及ぶ事案が発生しました。
対象となった市民の皆様には、大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げますすとともに、今後このような誤りがないよう事務処理を徹底し、再発防止に努めてまいります。

事案の内容

 介護保険料、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料における年金特徴の徴収金額の誤り等により還付及び追加徴収等が発生したもの。

対象者
  • 介護保険料      3,273人 12,353,320円
    (追加徴収となった方 1,483人 5,483,710円
    還付となった方 1,790人 6,869,610円)
  • 国民健康保険税      55人  1,025,700円
    (還付となった方 54人 988,700円
    その他 1人 37,000円)
  • 後期高齢者医療保険料     1人  32,500円  
    (その他 1人32,500円)
原因

 後期高齢者医療保険料において年金特徴の※異動情報を抽出するためのシステム設定時に(8月年金特徴分)操作を誤りました。その設定は、介護保険料、国民健康保険税と後期高齢者医療保険料において共有をしており、誤設定のため、8月の年金特徴において異動が必要であった方の年金特徴情報を正しく反映したデータで徴収することができず、6月の年金特徴と同額で徴収を行っていました。
※異動情報・・・徴収金額の変更、徴収中止

今後の対応について

対象であることが判明した方々には、個別にお詫びと還付又は納付に関するご案内をさせていただきます。

・9/22(木)
 対象者へ還付通知書を発送

・9/30(金)
 対象者へ徴収通知書を発送

・10月中旬以降から
 還付金の口座振込を予定

再発防止について

 適正な事務の執行を進めるため、事務処理マニュアルの再確認と問題点の洗い出しを行い、市民の皆様の不信感を払拭できるよう再発防止に努めてまいります。

お問い合わせ先
  • 介護保険料について        高齢福祉課介護保険係 電話番号:0771-68-0006
  • 国民健康保険税について      市民課保険年金係   電話番号:0771-68-0011
  • 後期高齢者医療保険料について   市民課保険年金係   電話番号:0771-68-0011
その他

市役所や官公庁をかたる還付金詐欺にご注意ください。
◆このたびの還付金のお支払いにあたり、金融機関のキャッシュコーナーやコンビニで現金自動預払機(ATM)の操作をお願いしたり、キャッシュカードを預かることはありません。
また、電話において暗証番号をお聞きすることはありません。
◆還付にあたり、手数料をいただくことはありません。
◆フリーダイヤルや携帯電話の番号あてに返信をお願いすることはありません。

お問い合わせ

高齢福祉課
TEL:0771-68-0006