市内における新型コロナウイルス感染症発生状況について

2月10日以降、新たな感染者は確認されておりません。

2月9日、南丹市内で30例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。
感染状況については、京都府の新型コロナウイルス感染症情報に基づき発生当時の情報を提供します。
なお、本件については、1月25日に京都市から発表されており、本日京都府を通じて確認されたものです。

市内30例目(府内7793例目、京都市5405例目)

患者の概要

20歳代 男性 南丹市在住

検体採取日

1月22日

発生当時の症状

無症状

判明している概要

京都市発生患者の接触者(院内感染)

市内の発生状況

退院及び入院勧告解除の状況

市内1例目~28例目の方について、厚生労働省の基準に合致したため、退院及び入院勧告解除されています。

  • 発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合
  • 発症日から10日間経過以前に症状軽快した場合に、症状軽快後24時間経過した後に核酸増幅法又は抗原定量検査の検査を行い、陰性が確認され,その検査の検体を採取した24時間以後に再度検体採取を行い、陰性が確認された場合

Acrobat Readerをダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療課
TEL:0771-68-0016