新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせ

新型コロナウイルスワクチンについては国の通知に従い、住民の皆様が接種できるように準備をすすめています。国の示す優先順位に合わせて、住民の皆様に接種していただく予定です。供給されるワクチンには限りがございますので、接種開始時期が決まり次第、個別通知にてご案内させていただく予定です。
随時ホームページ等でお知らせしていきますので、ご確認の上、お待ちいただくようお願いいたします。

ワクチンの優先接種について

当面の間、確保できるワクチン量に限りがあるため、国が示す優先順位に応じて、順次接種をすすめていく予定です。接種の優先順位は、以下のように想定されています。

  1. 医療従事者の方(京都府が実施主体)
  2. 高齢者の方(65歳以上)
  3. 高齢者以外で※基礎疾患(詳細は下記参照)を有する方や高齢者施設で従事されている方
  4. それ以外の方

基礎疾患のある人

1.次の病気や状態の方で、通院または入院している人

慢性の呼吸器の病気
慢性の心臓病(高血圧を含む)
慢性の腎臓病
慢性の肝臓病(肝硬変等)
インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
染色体異常
重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
睡眠時無呼吸症候群
重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障がいのある方保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

余剰ワクチンの対応について

新型コロナワクチン接種において、当日キャンセルなどで生じた余剰ワクチンを無駄にしないため、下記リンクのとおり取り扱います。

接種券(クーポン券)、予診票の発送について

国が示している優先順位に基づき発送予定です。65歳以上の高齢者の方については4月中旬に発送いたしました。16歳から64歳までの方については7月上旬発送予定です。12歳から15歳までの方については発送時期が具体的に決まり次第お示しします。
接種当日には接種券が必ず必要です。届いた接種券は、接種当日まで紛失されませんよう大切に保管ください。

接種券の早期交付の申し出について

12歳から64歳までの方で基礎疾患がある方、国の大規模接種センターでの接種を希望される方など、早期に接種券を必要とされる方の申し出を受け付けます。詳細については、下記リンクをご参照ください。

接種時期

  • 65歳以上の高齢者の方については実施中です。詳細は下記をご覧ください。それ以外の方については、具体的に決まり次第お示しします。

接種回数

  • 2回

現在予定していますファイザー社のワクチンでは通常1回目の接種から3週間の間隔で2回目の接種を受けるように言われています。
接種を受けた後の注意点や副反応について等の詳細は、下記の厚生労働省のホームページをご確認下さい。

接種費用

  • 無料(公費負担)

接種方法と予約方法について

集団接種を基本としています。集団接種に行くことが困難な方、かかりつけ医のもとでの接種が必要な方を対象に個別接種を行います。

集団接種

65歳以上の高齢者の方は、予約を開始しています。インターネットまたは電話で予約してください。詳細については、下記リンクをご参照ください。それ以外の方の予約開始時期については準備が整い次第、ホームページなどでお知らせします。

個別接種

下記リンクをご参照ください。

ワクチン接種の同意について

ワクチン接種は強制ではありません。新型コロナウイルスのワクチン接種は、情報提供を行った上で接種を受ける人の同意がある場合に限り接種を行うことになります。
予防接種を受ける人には、予防接種による感染症予防接種の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、避けることができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残った場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障がい年金などの給付)が受けられます。
新型コロナウイルスワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
なお、救済制度の内容については、厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」をご参照ください

電話相談窓口について

各電話相談窓口によって相談可能な内容が異なります。
相談内容、電話番号などについては、下記をご確認ください。

南丹市新型コロナワクチン接種コールセンター

  • 相談内容:接種対象者・スケジュール・接種場所について
  • 電話番号:0120‐770‐397(4月1日開設)
  • 受付時間:平日のみ/午前9時~午後5時

京都新型コロナワクチン相談センター

  • 相談内容:アレルギーや副反応など医学的な相談
  • 電話番号:075-414-5490
  • FAX:075‐414‐5987(電話相談が難しい方)
  • 受付時間:毎日(土日祝日を含む)/午前9時~午後7時

国(厚生労働省)新型コロナワクチンコールセンター

  • 相談内容:ワクチン施策のあり方について
  • 電話番号:0120‐761‐770
  • FAX:03-3581-6251(電話相談が難しい方)
  • メール:corona-2020@mhlw.go.jp
  • 受付時間:毎日(土日祝日を含む)/午前9時~午後9時

関連リンク

Acrobat Readerをダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療課
TEL:0771-68-0016