海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書の発行について

この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです

新型コロナワクチン接種を行った方のうち、接種証明により渡航先での入国時の防疫措置の緩和等がされる国へ渡航予定がある方へ申請によりワクチン接種証明書を交付します。
それ以外の方が、接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」(接種会場で接種時にシール貼付)をご利用ください。

対象となる方

以下の2つの条件に当てはまる方が対象です
  1. 新型コロナワクチン接種(※1)時に南丹市に住民票があった方
  2. 海外渡航予定がある方

※1 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)

他府県や他市町村の接種済証等をお持ちの方は、接種市町村にお問合せ下さい。

次のような方は対象になりません
  • 海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)
  • 国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)

外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省にお問合せください。

申請方法

申請に必要な書類は以下のとおりです
  1. 申請書
    当ページからダウンロードできます。市役所の申請窓口でも配布しています。
  2. 海外渡航時に有効な旅券(パスポート)(被接種者<証明を受ける方>のもの)
    旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合、旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類が必要です
  3. 接種済証か接種記録書(接種した事実が確認できる書類)
  4. 本人確認書類
  • 2、3、4、は写しの提出も可能です。
  • 3が紛失などにより提出できない場合は、記録の確認に時間がかかる場合があります。
  • 郵送による申請の場合は、申請書と2から4の写し、返信用封筒(申請者が84円分の切手貼付、返送先住所および氏名を記載)を同封して下さい。
  • 代理人による請求の場合は委任状が必要です。

申請先

郵送申請

622-8651 京都府南丹市園部町小桜町47番地
南丹市保健医療課 宛

保健医療課から郵送します。到着から発行までに1週間程度かかります。

窓口申請
  • 南丹市役所 保健医療課(2号庁舎1階) または 各支所 総務課
  • 受付時間 平日 午前8時30分から午後5時15分まで

各支所では即日交付はできません。

保健医療課でも申請の集中や事務処理の関係で、即日交付できないことや交付までに時間がかかることがあります。また、書類に不備・不足がある場合は、より多くの時間がかかりますので余裕をもって申請して下さい。

発行手数料

無料

その他

  • ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
  • 接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を外務省のホームページにおいて随時公表予定です。
  • 現時点では、接種証明書を持っていることによって日本への入国時の防疫措置が緩和されることはありません。日本の入国時の防疫措置については、「水際対策に係る新たな措置について」のページでご確認ください。

Acrobat Readerをダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療課
TEL:0771-68-0016