新型コロナワクチン接種券について

新型コロナワクチンの接種を受けるためには、本市がお送りする接種券が必要となります。原則として、本市の住民基本台帳に登録されている方に接種券をお送りします。

新型コロナワクチン接種券(3回目接種)について

新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目接種)を受ける場合、3回目接種用の接種券が必要です。

2回目接種時に南丹市に住民登録があり、かつ南丹市が発行した接種券を用いて接種を行い、その後転出等をせず接種可能な時期を迎える方は、接種の対象となる時期に、接種券を順次発送しますので、発行に必要な手続きはありません。

2回目接種を終えた後に南丹市に転入された方は、接種履歴が南丹市に引き継がれないため、接種券をお届けすることができない方がいます。お手数をおかけしますが、該当の方は、南丹市コロナワクチンコールセンター(フリーダイヤル0120-770-397)までご連絡をお願いします。接種券発行申請の手続きについてご案内します。

(3回目接種用)接種券の発行について

 ・2回目接種日から7カ月半後に、2回目の接種日に応じて順次送付予定です。
 ・接種券は南丹市に住民票がある対象者の住民票の住所にお送りします。
 ・2回接種完了後に南丹市に転入された方は接種券の発行申請が必要です。

※住民票の住所以外への送付を希望される方は、接種券発行申請書に、送付先の住所を記載して、申請してください。

新型コロナワクチン初回接種(1・2回目)の接種券について

新型コロナワクチンの接種を受けるためには接種券が必要になります。
接種券は住民票の住所にお送りしています。
何らかの事情により接種券を紛失、滅失、破損した場合など、再発行を希望される場合は、市への申請が必要になります。
南丹市コロナワクチンコールセンターに再発行をお申し出ください。

接種券の再発行申請ができる場合は以下のとおりです。

・接種券を紛失、滅失、破損した場合
・接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合
・接種券が届かない場合
・住民票及び戸籍に記載がない場合(注)
・予診のみ券を2回使った場合

(注)市外に住民票を持つ市内居住者で、住民票または戸籍に登録のない等の事情があり、住民票所在地の市町村から接種券の発行を受けることができないやむを得ない事情のある方

例:ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者、外交官等の住民基本台帳に記載のない外国人、ホームレス等

※本人が指定する住所への郵送
住民票の住所以外への送付を希望される方は、接種券発行申請書に、送付先の住所を記載して、申請してください。

これから12歳になる方

これから対象年齢(12歳)になる方には、接種可能な南丹市の集団接種の予約開始前に、1・2回目の接種券を発送します。

※平成21年12月20日以降の出生の12歳になられる方は、1回目・2回目の接種計画が立ち次第、接種券を送付します。

南丹市に転入された方

新型コロナワクチンの接種には、住民票のある市町村の発行した接種券が必要です。前住所地の接種券は使えません。また3回目の接種には、前住所地の接種履歴が必要です。接種を希望される方は、接種券発行申請をお願いします。

  (必要書類)
   
   ①接種券発行申請書
   ②本人確認書類コピー
   ※代理人の申請の場合は、代理人の本人確認書類と、本人からの委任状
   ③接種履歴のある方は、接種済証のコピー(お持ちの方)
   ※VRS(コロナワクチン接種記録システム)確認できますが、システムに記録がない場合は確認に時間がかかります。

【窓口申請】

南丹市保健医療課窓口・支所総務課窓口で申請できます。

【郵送申請の場合】
                        
南丹市ホームページから接種券発行申請書をダウンロードするか、南丹市コロナワクチンコールセンターへ申請書の郵送を依頼してください。
 
【問い合わせ先】
 南丹市コロナワクチンコールセンター
  フリーダイヤル 0120-770-397

お問い合わせ

保健医療課
TEL:0771-68-0016