新型コロナウイルスワクチン接種に関する差別の防止について

新型コロナウイルスワクチン接種に関する差別の防止について

新型コロナウイルスワクチンの接種を皆様に推奨しておりますが、接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。
病気など様々な理由によって、新型コロナウイルスワクチンを接種できない方々もいらっしゃいます。
接種していない方に対して、職場や周りの方などが接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

お問い合わせ

人権政策課
TEL:0771-68-0015