> 南丹市合併> 園部町・八木町・日吉町・美山町の沿革


< 園部町 >
 明治22年(1889) 町村制施行により、旧城下町の本町・上本町・若松町・宮町・新町が園部町に、園部・小山・大村・横田・黒田の5村が園部村に、内林・曾我谷・瓜生野・熊崎・新堂・岡田・千妻・木崎の8村が桐ノ庄村に、高屋・大戸・佐切・熊原・越方・船岡・の6村が川辺村に、宍人・竹井・下仁江・大西・船坂・半田・口人・口司の8村が摩気村に、法京・大河内・天引・南八田・埴生・殿田の6村が西本梅村に、南大谷・赤熊・中野・若森・松熊・大内の6村が東本梅村になった。
 昭和 4年(1929) 園部村と桐ノ庄村を編入した。
 昭和26年(1951) 川辺村を編入した。
 昭和30年(1955) 摩気村と西本梅村を編入した。
 昭和33年(1958) 昭和31年(1956)に亀岡市に編入されていた東本梅村のうち、南大谷の一部と若森が編入され現在に至る。

< 八木町 >
 明治22年(1889) 町村制施行により、八木・柴山両村が八木村に、鳥羽・南広瀬・大藪・木原・池ノ内・玉ノ井・室河原・神田・雀部・八木島・広垣内の11村が吉富村に、刑部・北広瀬・氷所・日置・の4村が富庄村に、屋賀・北屋賀・青戸・観音寺・西田の5村が本庄村に、池上・諸畑・山室・野条・室橋・船枝の6村が新庄村になった。
八木町は中世吉冨新庄に含まれていた地域が多いので八木を除く4村の村名はすべてこの荘園に関係している。
 明治27年(1894) 本庄村と富庄村が合併して富本村となる。
 大正 4年(1915) 八木村が八木町となる。
 昭和26年(1951) 吉富村、新庄村及び富本村を編入した。
 昭和30年(1955) 北桑田郡神吉村を編入し現在に至る。

< 日吉町 >
 明治22年(1889) 町村制施行により、天若・中・中世木・殿田・木住・生畑の6村が世木村に、田原・四ッ谷・佐々江の3村が五ヶ荘村に、保野田・上胡麻・胡麻・畑郷・志和賀の5村・が胡麻郷村になった。
 昭和30年(1955) 世木村、五ヶ荘村及び胡麻郷村が合併し現在に至る。

< 美山町 >
 明治22年(1889) 町村制施行により、南・北・中・河内谷・下・知見・江和・田歌・芦生・白石・佐々里の11村が合併して知井村に、深見・長尾・又林・下平屋・上平屋・安掛・野添・内久保・荒倉の9村が平屋村に、宮脇・板橋・下吉田・原・静原・和泉・上司・長谷・島の9村が宮島村に、鶴ヶ岡・高野・豊郷・盛郷・福居・の5村が鶴ヶ岡村に、萱・野・大野・三埜・肱谷・小渕・向山・樫原・音海の8村が大野村になった。
 昭和30年(1955) 知井村、平屋村、宮島村、鶴ヶ岡村及び大野村が合併し現在に至る。


Copyright(C) 2006 Nantan City. All right reserved.